現在分詞と過去分詞の見分け方と、前置修飾と後置修飾の使い分け方を解説!

Pocket

英語について
研究しているタカツです!

 

今回は、現在分詞と過去分詞、
前置修飾と後置修飾
の見分け方についてお話しします。

 

よく相談で、

 

質問者さん
「現在分詞なのか過去分詞なのかを見分ける問題がわからないのですが、一体どうしたらいいですか?」

 

という質問がきます。

 

分詞には、
『現在分詞』と『過去分詞』
の2種類があって、

 

・現在分詞→…ing形

・過去分詞→…ed形
(p.p.と言ったりもする)

 

のような形になるわけですが、
この2択の問題を迫られた時に
よく間違ってしまうんですね。

 

はじめにざっくり結論を書くと、

 

タカツくん
現在分詞は…ing形、過去分詞は…ed形だけじゃなくて、しっかりと意味の違いも把握しておこう!

 

です。

 

もう少し詳しく
掘り下げて喋っていきますので、

 

ぜひこの記事を通して
『現在分詞』と『過去分詞』を
自由自在に
使いこなせるようにしましょう!




現在分詞と過去分詞の見分け方

 

まずは現在分詞と過去分詞
の見分け方について説明します。

 

現在分詞と過去分詞の違いは、

 

現在分詞は「ing形」、
過去分詞は「p.p.」
という形で名詞に修飾する

 

と世間では知られていますが、

 

現在分詞と過去分詞は
さらに細分化できて、
具体的に見分け方を分類してみると
以下のようになります。

 

現在分詞(ing表示)

①「…している」「…しつつある」
「…しながら」
動作』

②「…するような」様子』

 

という語訳で名詞に修飾される。

 

過去分詞(p.p.表示)

①他動詞のp.p.
「…された」「…されている」『受身』

②自動詞のp.p.
「…してしまった」『完了』

 

という語訳で名詞に修飾される。

 

見分け方としては、

 

「語訳」よりも動作や完了
などの『用法』を意識する

 

ことが重要です。

 

『用法』を知っていれば、
読解で名詞を修飾させながら読むときに
綺麗な訳になって、
非常にわかりやすくなります。

 

現在分詞、過去分詞の使い方例

 

それでは、現在分詞と過去分詞の
基本的な使われ方について、
例文を通して見ていきましょう。

 

現在分詞

Who is the girl playing the piano?

(ピアノを弾いている少女は誰ですか?)

 

この例文は、
「ピアノを弾いている」という
『動作』を表す用法が使われています。

 

ここでは、

 

“playing”という現在分詞が
“the  girl”という名詞に修飾されて、
「ピアノを弾いている少女」
という訳が出来上がります。

 

Some people stood waiting for the train.

(列車を待ちながら立っている人たちも何人かいた。)

 

次の例文では、
“stood waiting”というところが
ポイントです。

 

“stood waiting”「待ちながら立っている」

“come singing”「歌いながらやってくる」

“go dancing “「踊りながら行ってしまう」

 

などなど、

 

『動詞+…ing形』
の形を持った現在分詞は、
「…しながら」
という訳を持ちます。

 

そして、

 

上の例文の用法は
「待つ」という『動作』を示しています。

 

タカツくん
動的なイメージで捉えられるものは現在分詞と覚えておこう!

 

過去分詞

The police found the stolen passport in the room.

(警察はその部屋で盗まれたパスポートを発見した。)

 

過去分詞についての説明です。

 

上の例では、

 

“steal”「盗む」という動詞
他動詞

 

なため、
“stolen”「盗まれる」という
『受身』の意味になります。

 

そして、この動詞が前から
“passport”に修飾して
「盗まれたパスポート」
という訳になるのです。

 

I looked at the fallen leaves.

(私は落ち葉に目をやった。)

 

2つ目の文章では、

 

“fall”「落ちる」という動詞
→自動詞

 

なため、今度は『完了』の意味で
「落ちてしまった」
という訳になります。

 

“the fallen leaves”は、
直訳では

 

「落ちてしまった葉っぱ」

 

になりますが、上の例文のように
「落ち葉」と意訳しても
問題ありません。

 

タカツくん
『完了』と『過去』の違いが曖昧な方は関連記事を載せておくからそちらを参考にしてね!

 

 




前置修飾と後置修飾の使い分け

現在分詞と過去分詞には、
名詞を修飾するときに、

 

『前置修飾』『後置修飾』

 

といった2種類の
修飾の使い分け方が存在します。

 

先ほどの例文でも、
分詞が前に修飾するものと
後ろに修飾するものがありましたが、

 

これには
ちゃんとしたルールがあるのです!

 

そのルールは以下の通り。

 

前置修飾と後置修飾の違い

前置修飾
→一語のみで名詞の前から修飾

後置修飾
→2語以上のグループで存在し、
名詞の後ろから修飾

 

このルールをしっかりと
理解できるようにこれから
解説していきます。

 

ライティングのときには
前置修飾と後置修飾の使い分け方を
自由自在に操れるようになりましょう!

 

タカツくん
「また新しい用語がでてきたか!」って思うけど、意外と単純だから安心してね!

 

一語で修飾→名詞の前から

分詞や形容詞が名詞を修飾するときの
1つ目の使い分け方は、

 

『一語のみで修飾するときは
名詞の前から修飾する』

 

ということです。(つまり前置修飾

 

Look at the flying bird.

(あの飛んでいる鳥を見なさい。)

 

この例文だと、

 

“bird”という一語の名詞に対して、

“flying”「飛んでいる」という現在分詞が
前から修飾していることがわかります。

 

基本的に
名詞が一語の場合は今のように
名詞の前から修飾することが多いです。

 

ただ、近年では
一語でも後置修飾になる
ケースも増えてきており、

 

『その時に限定される、一時的な状態』

 

を示すときは、
一語でも後ろから
修飾することがあります。

 

例えば、

 

“a plan available “と言うときに、
“available “は「利用できる」
という意味を持ちますが、

 

「現在利用できるプラン」というように、
一時的な状態を指します。

なのでこの場合はたった一語の場合でも、
後ろからの修飾になってしまうのです。

 

タカツくん
『一時的な状態』と『短時間の継続』は似ているようで少し違うよ!詳しくは関連記事から現在形と現在進行形の違いの記事を読んでみて!

 

 

2語以上で修飾→名詞の後ろから

 

2つ目の使い分けは、

 

『二語以上のグループとして存在する
名詞に修飾するときは
名詞の後ろから修飾する』

 

というものです。(つまり後置修飾

 

That was a watch given her by grandfather.

(あれはおじいちゃんから彼女に与えられた時計だった。)

 

この例文はまず、
give「与える」という他動詞の過去分詞だから
“given”「与えられた」という
『受身』の意味になります。

 

そして、

“a watch”が2語以上のグループ

の名詞になっているので、

 

過去分詞”given”が”a watch”という名詞に
後ろから修飾(後置修飾)
されていることがわかりますね。

まとめ

今回は、

 

現在分詞と過去分詞の見分け方、
前置修飾と後置修飾
の使い分け方のルール

 

についてご紹介いたしました。

 

多少例外はありましたが、複雑なものは
そこまでなかったと思いますので
意外と勉強しやすい
分野なのではないでしょうか。

 

現在分詞と過去分詞の得意・不得意は、
知っているか知らないかの差で
決まってくると思います。

 

ですのでこの分野が不得意な方は
何度でもこの記事を
読み返してくださいね。

 

今回は『分詞』がテーマだったので、
そのテーマに関連した
重要記事を載せておきます↓

 

 

どれも重要なので気になる方は
見てみてください!

 

それでは今日のお話は以上です!

 

関連記事:英語力アップにつながるアイテム・教材はこちら!

・おすすめ英会話教材

発音改善を重視したプライムイングリッシュ

・語学アイテム

周囲の雑音を消去してくれるノイキャン付きイヤホン、ヘッドホン

電子書籍「右脳式学習法」を無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間何1つ成長しなかった
ダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語学』×『英語戦略』
独学英語マニュアル






「科学的に英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中