時や条件の副詞節は未来のことでも現在形?現在完了にもなるの?

Pocket





今日は時や条件を表す副詞節についての基礎事項や注意点などについてお話ししようと思います。

そもそも、「時や条件を表す副詞節って一体何??」って疑問に思っていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?

初めて聞く方のためにも軽くおさらいから始めていきましょう。

時や条件を表す副詞節って?

『時や条件を表す副詞節』という用語がなぜ英文法や授業で取り上げられるのかと言いますと、

文中に『時や条件を表す副詞節』が導入されていた場合、違和感のある表現をすることになっているからです。

例えば、

「もし明日雨が降ったら、私はピクニックに行かないだろう」

と言う日本語を英文に訳してみたらどうなるでしょうか?

あまりまだ英文法を勉強していない人は多分、

「もし明日雨が降ったら」だから『if it will rain tomorrow』で、

「私はピクニックに行かないだろう」だから『I will not go out for a walk』

これを1つにつなげて答えは

I will not go out for a walk if it will rain tomorrow. だ!

という答えを導き出してしまうのではないでしょうか。

しかし、残念ですがこれは間違いなのです。

実は、『時や条件を表す副詞節』は『未来のことでも現在形で表す』というルールがあります。

ですので先ほどの英文は

I will not go out for a walk if it will rain tomorrow.
→(

👉I will not go out for a walk if it rains tomorrow.→

と、if以下の文章を現在形にするのが正しい答えになります。

他にもいくつか例文を見てみると、

I will start the work when my boss comes.
「上司が来たら、私はその仕事を始めるつもりです。」

Let’s go on a picnic if it’s sunny tomorrow.
「明日晴れならピクニックに行こう」

ここで”when my boss comes”と”if it’s sunny tomorrow”は『When…』『if…』の副詞節になっているため、

時や条件を表す副詞節では未来のことでも現在形で表現していることが分かるはずです。

その他にも、、、

When…「…するときに」

if…「もし…したら」

as soon as…「…したらすぐ」

by the time…「…するときまでに」

unless…「…しない限り」 etc

このような構文が挟まってきた場合も『未来形のことは現在形』で表すので覚えておきましょう。

未来完了の場合は現在形?それとも現在完了形?

時や条件を表す副詞節が使われるとき、未来のことは現在形で表すということがこれで理解できたと思います。

ですので次は少し発展的な内容も喋っていこうと思います。

といっても全然難しいわけではなくて、さっきの内容が理解できてさえいれば後は小学生の方でも理解できるので安心してください。

まず、以下の日本語を一度英語に訳してみましょう。
↓↓↓

「あなたがその本を読み終わったら私に貸してくれませんか?」

ここで、

「あなたがその本を読み終わったら」と、

「私に本を貸してくれませんか」

の2つに分解してみると、

『あなたがその本を読み終わったら』の部分は未来に完了する内容となっていますので→『when you will have finished reading it

『私に本を貸してくれませんか』は
→『Please lend me the book』というようなセンテンスになると思います。




しかしこのまま、

Please lend me the book when you will have finished reading it.

と、文章を繋げてしまうとなんか違和感を感じますよね。

そうです。

when以下の文章が『時を表す副詞節』になっているので本来ここは「現在形」にしなければいけないはずなのです。

しかし、when以下の文章をよーく見てみてください。

「あれ、未来形ではなくて未来完了形になってない?」

その通りです。

ですから、未来完了形の場合は現在形にするか現在完了形にするか非常に悩むと思います。

※現在完了形と未来完了形の性質がイマイチの方は関連記事を載せておきますので参考にしてみてください。

ここで、時や条件を表す副詞節を攻略するにあたってもう一つ重大なルールをお伝えすると、、、

『副詞節では未来完了の場合は現在完了形で示される』

というのが正しい扱い方になります。

ですから、先ほどの例題は、

Please lend me the book when you will have finished reading it.

Please lend me the book when you have finished reading it.

というのが正しい解答です。

まとめ

今回言いたかったことは、、、

時や条件を表す副詞節では

『未来のことは現在形』

『未来完了のことは現在完了形』

で表すということです。

そんなに難しいことではなかったでしょ。

このルールさえしっかりと覚えておけば、今日のところはオッケーです。

次回はsay・talk・speak・tellの違いについて解説していこうと思います。

それでは今回の話は以上です!

関連記事:こちらの記事も読まれています

現在完了形と過去形が混在する理由は?完了・継続・経験・結果のニュアンスについて

現在完了と過去完了と未来完了の見分け方。過去完了や大過去って?

英語の音読のやり方を紹介!その脅威的な効果とは!?

英語初心者の社会人が英会話を極める勉強法は果たしてあるのか?

大学生が英会話を独学で学ぶための右脳式学習法とは?

発音改善を重視したプライムイングリッシュの評判や価格を徹底解説!

KiminiBBというスマホ料金並みで受講できる英会話スクールを紹介!



ABOUTこの記事をかいた人

英会話・資格・留学の情報発信サイト「英語の読みものブログ("E"BLOG)」のコウズです。 英語はあなたの考えや情報を世界に向けて発信できるすごいスキルなのですが、実際に英語を話せる日本人は少ないのが実情です。 英語を話せる日本人が1人でも多く増えればいいなという気持ちで英語に関する有益な情報をあなたの元へ配信していけたらと思っています。 質問も随時受け付けています。