時や条件の副詞節は未来のことでも現在形?現在完了にもなるの?

Pocket

⚠️注意⚠️

※このブログでは、閲覧者の悩みを優先的に解決するために英文法を日本語で解説していますが、英語を日本語で学ぶことは推奨していません。

詳しくはこちらで解説していますが、ご理解の方よろしくお願い致します。

 

ブログで多数質問が
来ていたので記事にします。

 

この記事のきっかけは以下の質問です。

 

質問者さんA
時や条件を表す副詞節ifの意味がよくわかりません!
質問者さんB
副詞節と名詞節のifの違いってなんなんですか?

 

この質問に対する僕の答えは

 

質問の回答

副詞節のif
→S/O/Cの英文要素にはならずに
「もしこの先〜なら」
というような訳の修飾語句になる。

 

名詞節のif
→英文を作り出す
S/O/Cのどれかになって
「〜からどうか」
という名詞の働きをする。

 

という感じです。

 

この質問で
ブログとしてみんなに公開できるので、
このような質問をしてくれた
質問者さんには本当に感謝です。

 

タカツ
ありがとう!!

 

というわけで今日は

 

時や条件を表す副詞節についての
基礎事項や注意点、
名詞節との違い

などについて
お話ししようと思います。

 

それではいきましょう。




時や条件を表す副詞節って?

『時や条件を表す副詞節』という用語が
なぜ英文法で取り上げられるのか?

 

それは、

 

文中に『時や条件を表す副詞節』
が導入されていた場合、

 

違和感のある表現を
することになっているからです。

 

例えば、

 

「もし明日雨が降ったら、
私はピクニックに行かないだろう」

 

という日本語を英文に
訳してみたらどうなるでしょう?

 

まだあまり英文法を
勉強していない人だと、

 

初心者さんの思考回路

「もし明日雨が降ったら」
だから、

『if it will rain tomorrow』

で、

 

「私はピクニックに行かないだろう」
だから、

『I will not go out for a walk』

 

これを1つにつなげて答えは

 

I will not go out for a walk if it will rain tomorrow. 

 

だ!

 

このような答えを
導き出してしまうのではないかと
思います。

 

しかし、残念ですがこれは

 

完全に間違い

 

です。

 

その理由は、
『時や条件を表す副詞節』
は次のような
原則(ルール)があるためです。

 

ルール1

willなどの未来形は使わず、
未来のことでも現在形で表す

 

このルールによって
先ほどの英文は
次のように作り直されます。

 

正しい答え

I will not go out for a walk if it will rain tomorrow.
→(

 

👉I will not go out for a walk if it rains tomorrow.→

 

こんな感じでif以下の文章は、
will rainではなくrainsと
現在形にしなければいけないんです。

 

他にもいくつか例文を見てみましょう。

 

I will start the work when my boss comes.

「上司が来たら、私はその仕事を始めるつもりです。」

 

Let’s go on a picnic if it’s sunny tomorrow.

「明日晴れならピクニックに行こう」

 

ここでは、”when my boss comes”と
“if it’s sunny tomorrow”が
『When…』『if…』
の副詞節になっていて、

 

これらは
時や条件を表す副詞節なので、

 

未来のことでも現在形

 

で表されてます。




時や条件を表す副詞節は
他にもいろいろとあるんですが、
入試などでよく出る重要なものは
以下の通りです。

 

時や条件を表す副詞節の接続詞一覧

When…「…するときに」

if…「もし…したら」

as soon as…「…したらすぐ」

by the time…「…するときまでに」

unless…「…しない限り」 etc

 

これらは全て
『未来形のことは現在形』
で表すので
押さえておいてください。

 

未来完了の場合は現在形?それとも現在完了形?

 

次は少し発展的な内容です。

 

タカツ
といっても全然難しいわけじゃなくて、小学生でも理解できる内容だから安心してね。

 

まず、以下の日本語を
一度英語に訳してみましょう。

↓↓↓

 

例題

次の日本語を英文に訳せ。

「あなたがその本を
読み終わったら
私に貸してくれませんか?」

 

ここで、

 

「あなたがその本を読み終わったら」

と、

「私に本を貸してくれませんか」

 

の2つに分解してみます。

 

『あなたがその本を読み終わったら』
の部分は未来に完了する
内容ですので

→『when you will have finished reading it』

 

というセンテンスで、

 

『私に本を貸してくれませんか』は
『Please lend me the book』

 

というセンテンスになりますね。

 

しかしこのまま、

 

Please lend me the book when you will have finished reading it.

 

と、文章を繋げてしまうと
いけないのは先ほどの通りで、

 

when以下の文章が
時を表す副詞節になっているので
本来ここは
「現在形」にしなければいけません。

 

ですが、when以下の文章を
よーく見てみてください。

 

タカツ
when以下の文は未来形ではなくて未来完了形になっています。

 

未来完了形?、、ということは

 

現在形にするか現在完了形にするか

 

という部分が
非常に悩ましいですよね。

 

※現在完了形と未来完了形の性質が
イマイチの方は関連記事を
載せておきますので
参考にしてみてください。

 

 

ここで、時や条件を表す副詞節を
攻略するにあたって
もう一つ重大なルールを
お伝えします。

 

ルール2

副詞節では未来完了の場合は
現在完了形で示される

 

つまり先ほどの例題は、

 

正しい答え

Please lend me the book when you will have finished reading it.

 

Please lend me the book when you have finished reading it.

 

というのが正しい解答です。

 

逆に名詞節の場合は未来形が使える

次に名詞節の場合を
見てみまししょう。

 

例えば次の例をみてください。

 

例題2

I wonder if the flight  (  ) tomorrow.

 

❶ will be canceled

❷ is canceled

 

この問題を見てあなたは
どちらの選択肢を選びますか?

 

ここで❷を選んでしまえば、
それは出題者のワナ
引っかかっているということです。

 

この場合、
動詞のwonderに注目してみます。

 

wonderは
「疑う」という意味ですが、
これは「他動詞」
として使われます。

 

※自動詞と他動詞については
別の記事で紹介していますので
よかったら参考にしてみてください↓

 

 

つまり、I wonder〜の直後の
「〜」の部分には
名詞が来なければいけないんですね。

 

なので、wonder直後の
if文には名詞になってもらわなければ
ダメなんです。

 

ここでのポイント

I wonder+名詞

I wonder+[if文]

※[if文]が名詞の役割をする

 

よって、
このif文は名詞節になります。

 

このとき、名詞節のif文は
未来形を使えるので文中に
tomorrowがあることから
正解は❶です。

 

【解答】

→I wonder if the flight will be canceled tomorrow.

 

また、

名詞節ifは「〜かどうか」

という訳ですから、ここでの訳は

 

「明日フライトが
キャンセルになるかどうか疑問です。」

 

になります。

 

まとめ

今回言いたかったことは、、、

 

時や条件を表す副詞節では

 

『未来のことは現在形』

『未来完了のことは現在完了形』

 

で表すということです。

 

これを読めば
そんなに難しくなかった
と思うのではないでしょうか。

 

タカツ
このルールを押さえておけば、今日のところはオッケーです。

 

それでは今回は以上です。

 

今回は
動詞をテーマにした話でしたので、
それに関連した
重要記事を載せておきます↓

 

 

よければこちらも
参考にしてみてください。

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

関連記事:英語力アップにつながるアイテム・教材はこちら!

・おすすめ英会話教材

発音改善を重視したプライムイングリッシュ

・語学アイテム

周囲の雑音を消去してくれるノイキャン付きイヤホン、ヘッドホン

電子書籍「右脳式学習法」を無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間何1つ成長しなかった
ダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語学』×『英語戦略』
独学英語マニュアル






「科学的に英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中