関係代名詞の「制限用法」と「非制限用法」の違いって?コンマがつく理由とは?

Pocket

⚠️注意⚠️

※このブログでは、閲覧者の悩みを優先的に解決するために英文法を日本語で解説していますが、英語を日本語で学ぶことは推奨していません。

詳しくはこちらで解説していますが、ご理解の方よろしくお願い致します。

関係詞
非常に多い質問の1つがこちらです。

 

質問者さん
制限用法と非制限用法の違いって何ですか?

 

これを聞かれると
あれもこれもと喋りたくなるのですが、
個人的に答えを出すと

 

タカツ
制限用法は関係詞の後ろに何もなく、後ろから訳せるのに対して非制限用法は関係詞の後ろにコンマがつてて前からそのまま訳せるということ。ただし訳す行為は英語学習においてはマイナスなので、知識として持っておくぐらいでいいよ。

 

というふうに答えます。

 

要するに、以下の例文です。

 

参考

【制限用法】
I have three sons who have become doctors.

【非制限用法】
I have three sons, who have become doctors.

 

今回は、
“who”などの関係代名詞の
直前についているコンマの正体、

制限用法と非制限用法の違い
について具体例を示しながら
解説していきます。

 

また、
関係代名詞や関係副詞などに関する話は
こちらの記事にまとめたので
よかったら参考にしてみてください。

 




制限用法の特徴

制限用法とは、
前述の通り関係詞の前に
コンマがない用法のことです。

 

コンマがない場合は通常通り、
“who~”の部分がwho以前にある
先行詞に修飾されることから、

 

日本語訳にするときは
後ろから訳す』ことになっています。

 

Mr. Sato has two sons who are married.

(佐藤氏には、結婚している2人の息子がいる)

 

上の例文を見てもらえば分かる通り、

 

「結婚している」の部分が、
「2人の息子」に後ろから
修飾されている

 

というわけですね。

 

またこの文章では、

 

「結婚している息子が
2人いるということ」

 

が分かるだけであって、

 

他にも3人目、
4人目の息子がいるかもしれない

 

というのがポイントです。

 

タカツ
制限用法は後ろから訳すのが基本だけど、もちろんネイティブのアメリカ人が後ろから返り読みしているワケがないんで、前からスラスラ読めるようになるのが最終的目標。

 

合わせて読みたい

前から返り読みしないで読む訓練方法はコチラ↓

英語の音読のやり方を紹介!その脅威的な効果とは!?

 

非制限用法の特徴

非制限用法とは、
制限用法とは逆に関係詞の前に
コンマがついている用法
のことを言います。

 

この時、コンマがついていると
少し訳し方が変わってきます。

 

制限用法の場合
(つまり関係詞の前にコンマがない場合)
『後ろから訳す』
というのが掟だったのですが、

 

非制限用法
(つまり関係詞の前にコンマがある場合)
になると、関係詞の前で一旦切断して

 

『前からそのまま訳す』

 

ことになっているのです。

 

では、先ほどの例文で
“who”の直前にコンマがつくと
どうなるのでしょうか?

 

Mr. Sato has two sons, who are married.

 

whoの直前にコンマがあると、

 

『関係詞の前で一旦切断して訳す』

 

という掟に従って
訳すことになっているので、

 

「佐藤氏には2人の息子がいます。
息子たちは結婚しました。」

 

と訳します。

 

タカツ
ここでもう一度、制限用法で解説した例文の訳を見てみよう。何か違うよね?

 

この時、『制限用法』と違う点は、

 

制限用法では、
「結婚している2人の息子がいる」
という情報が与えられて、

 

実際「何人息子はいるのか?」
という情報はわからないのに対し、

 

非制限用法では、
「息子は2人だけ」とまずわかり、
さらに「2人とも全員結婚した」
という点です。

 

『制限用法』の訳と見比べてみると、
コンマは意味上とても重要
だということがわかりますね。




関係代名詞の前にコンマをつける理由

制限用法と非制限用法の違いは、

 

・関係詞の後ろに”,”がなければ後ろから訳す

・コンマがあったら前から訳す

 

と言いましたが、

 

コンマなんてただの『記号』だから、そんな区別はどうでもよくね?

 

と内心思っていませんか?

 

実は、その考え方は間違っています。

 

『コンマ』には、

 

「一瞬の間の置き方」や
「表情・目つき」が大きく変わる性質

 

というのがあるんです。

 

なのでリスニングや
英会話の場面ではすごく重要で、

 

聞き取る側は、
息継ぎが少しだけ長かったり、
関係詞から先で少し表情が
変化したりすることで、

 

「コンマがあった!」

 

と気付かなければいけないのです。

 

タカツ
コンマがあるのとないのとでは、ニュアンスや表情が読み取れるというわけだね。

 

またコンマがあるときは、
日本語で

 

「ちなみに…」「付け加えると…」

 

というように、

 

情報を付加するときと同じような
『息継ぎ』・『表情の変化』・
『間の取り方』をします。

 

逆に、『コンマなし』の時は
ほとんど息継ぎもしないで
一気に発音することになっています。

 

例えば先ほどの
制限用法の例文で言えば、

 

「結婚している2人の息子」
は完全にひと塊になっているので、
息継ぎなしで一気に発音されるのです。

 

制限用法と非制限用法を区別する問題例

 

『制限用法』と『非制限用法』
についての問題は、
空欄補充問題が主流です。

 

今回の話の最後に、
1つだけ軽いトレーニングをして
実力を伸ばしていきましょう!

 

問題

次の英文の( )に、
最も適切なものを①〜④から1つ選べ

Alex (  )really likes this town.

選択肢:

①who is from London

②, who is from London

③that is from London

④, that is from London

 

解説:

 

この問題は結構有名です。

 

まず、Alex (アレックス)
固有名詞ですね。

 

ここで、

 

・固有名詞にコンマのない
 関係代名詞(=制限用法)を続けることは、
 極めて特殊なケース以外ありえない

 

というルールがあります。

 

ですので、
①と③は×にしてください。

 

なお、
『極めて特殊なケース』というのは、

 

例えば”Alex”という名前の男性が
今ここに3人存在し

 

・ロンドン出身
・シドニー出身
・シカゴ出身

 

を区別しなければいけないケースで、

 

文法問題を考える時は
このような『極めて特殊なケース』
を考えてもどうしようもないから、
①と③が×になります。

 

④については、

 

コンマのある形(=非制限用法)
ではthatは使えない

 

というルールがあるので④も×です。

 

答え:

 

訳:アレックスはロンドン出身だが、
  この街が本当に気に入っている。

 

まとめ

 

今回のポイントをざっとまとめますと、

 

まとめ

・制限用法→後ろから訳す

・非制限用法→前から訳す

 

というところが大事な点です。

 

関係代名詞の直前にコンマが
ついているかいないかで
意味やニュアンスが
かなり変わってきますので、

 

日頃からコンマに対する
意識を持って頂ければと思います。

 

今回は関係詞をテーマに書いたので、
そのテーマに関連した記事を
載せておきます。

 

 

是非こちらも学んでいってください。

 

それでは最後まで読んで
頂きありがとうございました。

 

関連記事:英語力アップにつながるアイテム・教材はこちら!

・おすすめ英会話教材

発音改善を重視したプライムイングリッシュ

・語学アイテム

周囲の雑音を消去してくれるノイキャン付きイヤホン、ヘッドホン

電子書籍「右脳式学習法」を無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間何1つ成長しなかった
ダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語学』×『英語戦略』
独学英語マニュアル






「科学的に英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中