不定詞の副詞的用法|目的・条件・結果・感情の原因などの訳し方

Pocket

スポンサードリンク

 

前回から不定詞の名詞的用法・形容詞的用法と、不定詞の章がずっと続いていますが、果たしてどれくらい続くのでしょうか。

 

不定詞の名詞的用法と形容詞的用法についてまだ見ていない人は以下の記事を参考にしてみてください↓

 

→不定詞の名詞的用法

 

→不定詞の形容詞的用法

 

不定詞の章はボリュームが多いので、初心者が勉強するにはなかなか苦労するかもしれません。

 

しかし、今回お話しする不定詞の副詞的用法について、ある6つのことを理解してくれさえすれば、ようやく不定詞の基礎的事項は終了します。

 

ですので、ここで諦めずに最後まで突っ走っていってください。

 

「不定詞の副詞的用法」の主なものを下記の一覧にまとめておきましたので1つ1つ確認していきましょう。

 

不定詞の副詞的用法の訳し方

 

不定詞の副詞的用法には、『目的・判断の理由・感情の原因・条件・結果・形容詞を修飾する用法』の6つのパートがあります。

 

どれも読解や英作などで確実に押さえておきたいところですので、訳し方をしっかり理解しながら最後まで読んでいってください。

 

目的:「…するために」

 

副詞的用法の1つとして、「…するために」という目的を表す用法があります。

 

I got up early to catch the first train.

(私は始発電車に間に合うように早く起きた。)

 

この例文であれば、「始発電車に間に合わせるために…」と、to不定詞が『目的用法』として使われている事がわかりますね。

 

これは、中学で習った不定詞の鉄板だったと思うので理解に苦しむ人は少ないのではないでしょうか?

 

判断の理由:「…するなんて」「…するとは」

 

副詞的用法の2つ目は、判断の理由です。

 

基本的にこの用法のパターンとしては、

 

“判断”   to+その理由”

 

というような文章構造を取るので例文と一緒に確認してみてくだださい。

 

You were careless to leave your umbrella on the train.
(電車に傘を置き忘れるとは君も不注意だったね。)

 

この例だと、

 

You were careless 

判断(不注意だった)

 

to leave your umbrella on the train.

その理由(…するとは)

 

というように、まず最初に判断を示してから不定詞でその判断の理由を述べている事がわかります。

 

他にも例をあげてみると、

 

She is rude to enter the room without knocking on the door.

(ノックせずに部屋に入るとは彼女は無礼だ)

She is rude 

判断(無礼だ)

 

to enter the room without knocking on the door.

その理由(ノックせずに部屋に入るとは)

 

と、全くワンパターンの文章構造になっているのでわかりやすいのではないでしょうか。

 

感情の原因:「…して、こんな気持ちになった」

 

3つ目は感情の原因です。

 

訳し方は「…して、こんな気持ちになった」と表現し、

 

“感情”  “to+その原因”

 

と、『判断の理由』に似た文章構造を取ります。

 

I am glad to meet you.

(私はあなたにお会いできてうれしい。)

 

この例をみてみると、

 

I am glad     to meet you.

感情(嬉しい) その原因あなたに会えて)

 

というように、まず最初にどんな感情を抱いたかを示し、その感情が生まれた原因を不定詞を使って述べている事がわかりますね。

スポンサードリンク

 

同様に他の例も見てみると、

 

She was sorry to hear about his death.

(彼にしを耳にして彼女はがっかりした)

She was sorry      

感情(がっかりした)

 

to hear about his death.

その原因(彼の死を耳にして)

 

と、こちらも全く一緒の構造になっています。

 

条件:「もし…したら」

 

不定詞では、「もし…したら」という条件を述べる事があります。

 

例えば、

 

to meet you「もしあなたに会ったら」

to see him play baseball「もし彼が野球をするのを見たら」

・・・

 

といった感じです。

 

具体的に例文を見てみると、、、

 

To hear Jasmine speak English, you will take her for an American.

もしジャスミンが英語を話すのを聞いたら、あなたは彼女がアメリカ人だと思うだろう)

 

というように、

 

“To hear Jasmine speak English”のto不定詞の部分が「もしも…なら」と、条件を表す用法として扱われています。

 

また、条件を表すto不定詞が使われた場合、主節は仮定法になる事もあるので注意です。

 

結果:「そしてその結果…」

 

ここのパートでは、

 

『結果用法』を誤って『目的用法』として英文を訳してしまうと意味不明な訳になってしまうので、非常に注意が必要です。

 

One morning he awoke to find himself famous.

(ある朝目覚めると、彼は自分が有名になっていることを知った)

 

例えば、この例文の不定詞を「自分が有名になっていることを知るために」と訳してみれば、なんか不自然ですよね。

 

ある男性が眠っていて、目覚める寸前に「私が目を覚ます目的は有名になっていることを知ること」

 

というような状況は普通に考えてありえないので、ここは素直に

 

「目覚めて、その結果気づく」という訳し方をしなければいけません。

 

同様に、

 

She lived to be ninety years old.

(彼女は長生きして90歳になった)

 

I went all the day to see my doctor, only to find him absent.

(私はわざわざ医師のところに行き、結局彼が不在だと知っただけだった)

 

このように不定詞には結果を示す用法があり、

 

「目覚める」「発見する」「長生きする」など、本来自分の意思でできないことを示す動詞の後に続く不定詞は、結果用法が多いということをしっかり覚えておきましょう。

 

形容詞を修飾する用法

 

この用法は、不定詞の形容詞的用法と少し似ているところがありますが、形容詞的用法との決定的な違いは、こちらは『形容詞』を修飾するということです。

 

The house is comfortable to live in.

(その家は、生活するのに快適だ)

 

この例文をみると、

 

“comfortable”という形容詞を、後ろから”to live in”が修飾して「何をするのに快適なのか」を明示していることがわかります。

 

この時、『不定詞の形容詞的用法』で詳しく解説したように、「最後の前置詞の存在」に気をつけてください。

 

“live in” は自動詞でこの2つの単語がセットになって「…の中で生活する」という意味になるので、ここで前置詞が欠けることはありえないのです。

 

まとめ

 

不定詞の副詞的用法は6つも表現があって少し苦戦するかもしれませんが、例文と一緒に1つ1つ熟読してみれば、

 

どの場面でどういった使われ方をするのかという部分が理解できると思いますので、それぞれ例文を見比べながら何ども読み返していってください。

 

今回で不定詞の基盤となる部分は終了です。

 

次回からは不定詞のさらに発展的な内容について喋っていこうと思うので、興味がある方は読んでみてください。

 

それでは今回の話は以上です。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

英会話・資格・留学の情報発信サイト「英語の読みものブログ("E"BLOG)」のヒデです。 英語はあなたの考えや情報を世界に向けて発信できるすごいスキルなのですが、実際に英語を話せる日本人は少ないのが実情です。 英語を話せる日本人が1人でも多く増えればいいなという気持ちで英語に関する有益な情報をあなたの元へ配信していけたらと思っています。 質問も随時受け付けています。