関係代名詞の「制限用法」と「非制限用法」の違いって?コンマがつく理由とは?

Pocket

スポンサードリンク

 

関係代名詞を勉強していると、少し不思議な文章が出てくると思います。

 

例えば以下の例文のようなものです。

 

I have three sons, who have become doctors.

 

この英文を見ると、おそらくほとんどの人が「あれれ?!whoの後ろになんでコンマがついてるの?」と疑問に浮かぶと思います。

 

今回は、”who”などの関係代名詞の直前についているコンマの正体、つまり制限用法非制限用法の違いについて具体例を示しながら解説していこうと思います。

 

制限用法とは?

 

制限用法とは、簡単に言えば関係詞の前にコンマがない用法のことです。

 

コンマがない場合は通常通り、”who~”の部分がwho以前にある先行詞に修飾されることから、

 

日本語訳にするときは後ろから訳す』ことになっています。

 

Mr. Sato has two sons who are married.

(佐藤氏には、結婚している2人の息子がいる)

 

上の例文を見てもらえば分かる通り、「結婚している」の部分が、「2人の息子」に後ろから修飾されていることがわかります。

 

また、この文章では「結婚している息子が2人いるということ」が分かるだけであって、他にも3人目、4人目の息子がいるかもしれません。

 

非制限用法とは?

 

非制限用法とは、制限用法とは逆に関係詞の前にコンマがついている用法のことを言います。

 

この時、コンマがついていると少し訳し方が変わってきます。

 

制限用法の場合(つまり関係詞の前にコンマがない場合)は『後ろから訳す』というのが掟だったのですが、

 

非制限用法(つまり関係詞の前にコンマがある場合)になると、関係詞の前で一旦切断して『前からそのまま訳す』ことになっているのです。

 

では、先ほどの例文で”who”の直前にコンマがつくとどうなるのでしょうか?

 

Mr. Sato has two sons,who are married.

 

whoの直前にコンマがあると、『関係詞の前で一旦切断して訳す』という掟に従って訳すことになっているので、

 

「佐藤氏には2人の息子がいます。息子たちは結婚しました。」

 

というふうに訳すことになります。

 

この場合、『制限用法』と違う点は、

 

制限用法では、「結婚している2人の息子がいる」という情報が与えられて、実際「何人息子はいるのか?」という情報はわからないのに対し、

 

非制限用法では、「息子は2人だけ」とまずわかり、さらに「2人とも全員結婚した」という点です。

 

『制限用法』の訳と見比べてみると、コンマは意味上とても重要だということがわかりますね。

 

関係代名詞の前にコンマをつける理由

スポンサードリンク

 

「関係詞の後ろにコンマがなかったら後ろから訳す」

「コンマがあったら前から訳す」

 

と先ほど言いましたが、

 

「コンマなんてただの『記号』だから、そんな区別はどうでもいい」と内心思っていませんか?

 

実は、その考え方はかなり間違っています。

 

『コンマ』とは、「一瞬の間の置き方」や「表情・目つき」が大きく変わる点なので、リスニングや英会話ではすごく重要になってきます。

 

ですので、聞き取る側は、息継ぎが少しだけ長かったり、関係詞から先で少し表情が変化したりすることで、

 

「コンマがあった!」と気付かなければいけないのです。

 

また、コンマがあるときは、日本語で「ちなみに・・・」「付け加えると・・・」というように、

 

情報を付加するときと同じような『息継ぎ』・『表情の変化』・『間の取り方』をします。

 

逆に、『コンマなし』の時はほとんど息継ぎもしないで一気に発音することになっています。

 

例えば先ほどの制限用法の例文で言えば、

 

「結婚している2人の息子」は完全にひとかたまりになっているので、息継ぎなしで一気に発音されるのです。

 

制限用法と非制限用法を区別する問題例

 

『制限用法』と『非制限用法』についての問題は、空欄補充問題が主流です。

 

今回の話の最後に、1つだけ軽いトレーニングをして実力を伸ばしていきましょう!

 

問題:次の英文の( )に、最も適切なものを①〜④から1つ選べ

 

Alex (  )really likes this town.

 

選択肢:

①who is from London

②, who is from London

③that is from London

④, that is from London

 

解説:

 

この問題は結構有名です。

 

まず、Alex (アレックス)は固有名詞ですね。

 

ここで、『固有名詞にコンマのない関係代名詞(=制限用法)を続けることは、極めて特殊なケース以外ありえない』というルールがあるので、①、③は×にしてください。

 

なお、『極めて特殊なケース』というのは、

 

例えば”Alex”という名前の男性が今ここに3人存在し「ロンドン出身」「シドニー出身」「シカゴ出身」を区別しなければいけないケースで、

 

文法問題を考える時はこのような『極めて特殊なケース』を考えてもどうしようもないから、①と③が×になります。

 

④については、『コンマのある形(=非制限用法)ではthatは使えない』というルールがあるので④も×になります。

 

答え:

 

訳:アレックスはロンドン出身だが、この街が本当に気に入っている。

 

まとめ

 

今回のポイントをざっとまとめますと、

 

・制限用法→『後ろから訳す』

・非制限用法→『前から訳す』

 

というところが大事な点です。

 

関係代名詞の直前にコンマがついているかいないかで、意味やニュアンスがかなり変わってきますので、日頃からコンマに対する意識を持って頂ければと思います。

 

それでは今日のお話は以上です!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

英会話・資格・留学の情報発信サイト「英語の読みものブログ("E"BLOG)」のヒデです。 英語はあなたの考えや情報を世界に向けて発信できるすごいスキルなのですが、実際に英語を話せる日本人は少ないのが実情です。 英語を話せる日本人が1人でも多く増えればいいなという気持ちで英語に関する有益な情報をあなたの元へ配信していけたらと思っています。 質問も随時受け付けています。