関係代名詞”whom”と”whose”の意味の違い、見分け方とは?

Pocket

こんにちは、タカツです!

 

今回は前回と引き続き、
関係詞について
解説していこうと思います。

 

前回は関係代名詞と
関係副詞の違いについて
説明しました。

 

興味のある方は
リンク貼っておきますので
参考にしてください↓

 

 

関係詞には
“which”や”when”の他に、

 

“who”
“whose”
“whom”

 

といったものも存在します。

 

特に、初めて関係詞を習う方は
whoseやwhomは
見慣れないかもしれません。

 

ということで今日は、

 

・関係代名詞who、whomの違い

・whoseの意味や特徴

 

の2点を中心に
喋っていこうと思います。

 

まあ先に結論を書けば、

 

who、whose、whomの特徴

・who→主格に代用

・whom→目的格に代用

・whose→所有格に代用

 

ということなんです。

 

緑の枠の意味を
しっかり理解できるよう、
解説していきましょう。




関係詞”who”と”whom”の意味の違い

 

まずは関係代名詞”who”と
“whom”の違いについてです。

 

関係代名詞”who”

関係代名詞の”who”は、
元々の文で主格(主語を表すもの)
だったものに代用されるものです。

 

以下の例文を見てみてください。

 

I know the woman who is playing the piano.

(私はピアノを弾いているその女性を知っています。)

 

この例文は、
以下の2文を1文にまとめたものです。

 

⑴I know the woman.

She is playing the piano.

 

この2文で共通しているのは
“the woman(=She)”で、

 

⑵では”She”が
主格に対応していますね!

 

なので、
⑵の”She”を関係代名詞”who”
に変えて前に出し、

⑴の”the woman”の直後に
つなげれば例文の完成です!

 

タカツくん
関係代名詞は元の2文を1文にまとめたときに、被っている要素をwhoやwhichに置き換えるものなんだ!

 

また、

関係代名詞”who”は
先行詞(この場合”the woman”)が
『人』の場合でなければ
使うことができません。

 

逆に先行詞が『物』を表すときは、
“who”ではなくて“which”
を使うのが大原則ですので
注意しましょう。

 

関係代名詞”whom”

関係代名詞”whom”は、
元々の文で目的格(目的語を表すもの)
だったものに
代用されるものです。

 

こちらも例文に沿って
解説していきます。

 

He is a man whom I met at the party yesterday.

(彼は、私が昨日そのパーティーで会った男性です)

 

上の例文は以下の
2文を1文にまとめたものです。

 

⑴He is a man.

⑵I met a man at the party yesterday.

 

この2文で共通しているのは
“a man”であるから、

⑵の”a man”を関係代名詞にして
前に出せば
1文にまとめることができます。

 

そこで、

 

“a man”は他動詞”met”の
目的語になっていることに注目です。

 

つまり、⑵の”a man”は
目的格に対応している
ということですから、

 

“a man”を関係代名詞にするときは
“who”ではなくて”whom”
にしなければいけません。

 

以上を踏まえて、
⑴、⑵を1つにまとめると、
上の例文のような文章が
出てくるわけです。

 

タカツくん
導き出すパターンは主格と同じ!!

 

また、関係代名詞には
『目的格の関係代名詞は省略可能』
というルールがあります。

 

“whom”は
目的格の関係代名詞であるから、
上の例文から”whom”を省略して、

 

He is a man I met at the party yesterday.

 

のように訂正しても問題ありません。

 

そして、こちらも同様に
関係代名詞”whom”は先行詞
(この場合”a man”)が
『人』の場合でないと使えず、

 

先行詞が『物』を表すときは、
“whom”ではなくて
“which”を使うのが大原則ですので
注意してください。

 

タカツくん
つまり先行詞が『物』であれば主格、目的格共にwhichで表現するっていうことだね!

 




関係代名詞”whose”の意味

関係詞”whose”の特徴は元々の文で
所有格(その後に名詞を修飾するもの)
だったもの代用されるという点で、

 

人でも物でも
“whose”にかえるのが原則です。

 

例文と一緒に確認していきましょう。

 

We know the girl whose father is an artist.

(私達は、父親が芸術家をしている少女を知っています。)

例えば、この例文では
以下の2文を1文に
まとめたものになります。

 

⑴We know the girl.

Her father is an artist.

 

この2文で共通するのは
“the girl(=Her)”なので、
⑵の”Her”を関係代名詞に変えて
前に移動させます。

 

ここで、”Her father”の”Her”は
代名詞fatherに修飾する所有格ですね。

 

なのでこの所有格”Her”を
関係代名詞にするときは
“who”や”whom”ではなく、
“whose”にします。

 

すると、
“Her father”→”whose father”になり、
これをまとめて前に移動させて
1文にまとめれば上の例文が完成します。

 

タカツくん
所有格は「あの〜・この〜・私の〜・彼の〜…のように後の名詞に修飾する特徴があるからしっかりと確認しておこう!

本日の例題

それでは実力をつけるために
1つ例題を解いてみましょう。

 

例題

次の2文を関係詞を用いて1文にまとめよ

⑴She is the lady.

⑵I met the lady the day before yesterday.

 

解説:

 

上の⑴⑵で共通となっているのは
“the lady”で、”the lady”は
目的格を表していますから、

 

⑵の”the lady”を
関係代名詞“whom”に変えて前に出すと、

 

“whom I met the day before yesterday”

 

と書き換えることができます。

 

そしてそれを⑴の
“the lady”の前につなげれば、
2文がつながり

 

She is the lady whom I met the day before yesterday.

 

となってこれが答えです。

 

なお、

 

この関係詞は目的格
(元の⑵文で他動詞”met”の目的語)
だから”whom”
を省略することも可能で、

 

She is the lady I met the day before yesterday.

 

となおしても正解になります!

 

タカツくん
目的格whomやwhichはよく省略されている場合が多いから注意してね!

 

まとめ

今回は関係代名詞

“who”
” whom”
“whose”

の意味や特徴についてまとめてみました。

 

ポイントは元々の文で、

 

主格だったもの→who

目的格だったもの→whom

所有格だったもの→whose

 

というように
書き換えることができ、
表す格によって関係代名詞が
変わっていくということです。

 

タカツくん
僕は昔whomとwhoseの違いがよくわからなかったんだけど、結局は目的格と所有格の違いだったんだね

 

関係代名詞を勉強する際は、

まずはこの3つの違いをしっかりと
把握した上で演習に取り掛かれば
スムーズに
勉強できるのではないかと思います。

 

それでは今日の話はここまでですが、
他にも関係代名詞についての
関連記事を載せておきます。

 

よければ参考にしてみてください!

 

 

関係詞は重要な分野ですので
是非参照してみてください。

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

 

関連記事:英語力アップにつながるアイテム・教材はこちら!

・おすすめ英会話教材

発音改善を重視したプライムイングリッシュ

・語学アイテム

周囲の雑音を消去してくれるノイキャン付きイヤホン、ヘッドホン

電子書籍「右脳式学習法」を無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間何1つ成長しなかった
ダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語学』×『英語戦略』
独学英語マニュアル






「科学的に英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中