関係代名詞”whom”と”whose”の意味の違い、見分け方とは?

Pocket

スポンサードリンク

 

関係代名詞には”who”や”which”の他に”whose”や”whom”といった特殊なものが存在します。

 

今日は関係代名詞”who”、”which”、”whose”、”whom”の意味の違いを明確にさせるために、例文と一緒に解説していこうと思います。

 

関係詞”who”と”whom”の意味の違い

 

まずは関係代名詞”who”と”whom”の違いについてです。

 

関係代名詞”who”

 

関係代名詞の”who”は、元々の文で『主格』だったものに代用されるものです。

 

以下の例文を見てみてください。

 

I know the woman who is playing the piano.

(私はピアノを弾いているその女性を知っています。)

 

この例文は、以下の2文を1文にまとめたものです。

 

⑴I know the woman.

⑵She is playing the piano.

 

この2文で共通しているのは“the woman(=She)”で、⑵では”She”が主格に対応しているから、

 

⑵の”She”を関係代名詞”who”に変えて前に出し、⑴の”the woman”の直後につなげれば例文の完成になります。

 

また、関係代名詞”who”は先行詞(この場合”the woman”)が『人』の場合でなければ使うことができません。

 

逆に先行詞が『物』を表すときは、”who”ではなくて“which”を使うのが大原則ですので注意しましょう。

 

関係代名詞”whom”

 

関係代名詞”whom”は、元々の文で『目的格』だったものに代用されるものです。

 

こちらも例文に沿って解説していきます。

 

He is a man whom I met at the party yesterday.
(彼は、私が昨日そのパーティーで会った男性です)

 

上の例文は以下の2文を1文にまとめたものです。

 

⑴He is a man.

⑵I met a man at the party yesterday.

 

この2文で共通しているのは“a man”であるから、⑵の”a man”を関係代名詞にして前に出せば1文にまとめることができます。

 

そこで、“a man”は他動詞”met”の目的語になっていることに注目です。

 

つまり、⑵の”a man”は目的格に対応しているということですから、

 

“a man”を関係代名詞にするときは“who”ではなくて”whom”にしなければいけません。

 

以上を踏まえて、⑴、⑵を1つにまとめると、上の例文のような文章が出てくるわけです。

 

また、関係代名詞には『目的格の関係代名詞は省略可能』というルールがあります。

 

“whom”は目的格の関係代名詞であるから、上の例文から”whom”を省略して、

 

He is a man I met at the party yesterday.

 

のように訂正しても問題ありません。

スポンサードリンク

 

そして、こちらも同様に関係代名詞”whom”は先行詞(この場合”a man”)が『人』の場合でないと使えず、

 

先行詞が『物』を表すときは、”whom”ではなくて“which”を使うのが大原則ですので注意してください。

 

関係代名詞”whose”の意味

 

関係代名詞”whose”の特徴は、元々の文で『所有格』だったもの代用されるという点で、人でも物でも”whose”にかえるのが原則です。

 

We know the girl whose father is an artist.
(私達は、父親が芸術家をしている少女を知っています。)

 

例えば、この例文では以下の2文を1文にまとめたものになります。

 

⑴We know the girl.

⑵Her father is an artist.

 

この2文で共通するのは“the girl(=Her)”なので、⑵の”Her”を関係代名詞に変えて前に移動させます。

 

ここで、”Her father”の”Her”は所有格を意味していますので、この所有格”Her”を関係代名詞にするときは”who”や”whom”ではなく、“whose”にします。

 

すると、“Her father”→”whose father”になり、これをまとめて前に移動させて1文にまとめれば上の例文が完成します。

 

本日の例題

 

それでは、実力をつけるために1つ例題を解いてみましょう。

 

例題:次の2文を関係詞を用いて1文にまとめよ

 

⑴She is the lady.

⑵I met the lady the day before yesterday.

 

解説:

 

上の⑴⑵で共通となっているのは“the lady”で、”the lady”は目的格を表していますから、

 

⑵の”the lady”を関係代名詞“whom”に変えて前に出すと、

 

“whom I met the day before yesterday”と書き換えることができます。

 

そしてそれを⑴の”the lady”の前につなげれば、2文がつながり

 

She is the lady whom I met the day before yesterday.

 

となってこれが答えになります。

 

なお、この関係詞は目的格(元の⑵文で他動詞”met”の目的語)だから”whom”を省略することも可能で、

 

She is the lady I met the day before yesterday.

 

となおしても正解です。

 

まとめ

 

今回は関係代名詞”who”、” whom”、”whose”の意味や特徴についてまとめてみました。

 

ポイントは元々の文で、

 

主格だったもの→who

目的格だったもの→whom

所有格だったもの→whose

 

というように書き換えることができ、表す格によって関係代名詞が変わっていくということです。

 

関係代名詞を勉強する際は、まずはこの3つの違いをしっかりと把握した上で演習に取り掛かればスムーズに勉強できるのではないかと思います。

 

それでは今日の話は以上です!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

英会話・資格・留学の情報発信サイト「英語の読みものブログ("E"BLOG)」のヒデです。 英語はあなたの考えや情報を世界に向けて発信できるすごいスキルなのですが、実際に英語を話せる日本人は少ないのが実情です。 英語を話せる日本人が1人でも多く増えればいいなという気持ちで英語に関する有益な情報をあなたの元へ配信していけたらと思っています。 質問も随時受け付けています。