【40代からの英語の学び方戦略】アラフォーこそ独学で勉強すべき!

Pocket


タカツです。

 

先日、ブログの読者さんから
こんな質問を頂きました。

 

読者からの質問

<質問>

ー地元の会社に勤務している40代のサラリーマンです。私自身、今までの人生がほとんど国内ばかりで過ごしてきました。海外へは大学生のフィリピン旅行以来一度も行っておらず、今はずっと仕事ばかりです。ですが、最近ある程度の貯金が貯まってきたので家族と一緒に海外旅行に出かけたいなと思い始めました。そこで海外旅行をより楽しむために英語の勉強をし始めたのですが、40代から始めてももう遅いでしょうか?ー

 

40代の方からの質問で、
まだ40代になっていない僕からしたら
どうこう意見が言える
立場ではないですが、

個人的な見解を
述べていこうと思います。

 

早速結論から言うと、

 

タカツ
40代からでもまだ間に合うと思っています!

 

です。

 

僕自身は
まだアラフォーにはなっていないので
こんなことを言うと
批判を受ける可能性があるかもしれません。

 

ですが、
客観的な材料を基にして判断すれば
そういう結論になってしまいます。

 

もちろん英語は若ければ若いほど
習得スピードも早いと思いますし、
年齢が上がるにつれて
記憶力が低下していくものです。

 

しかし例えそうだとしても、
「40代から英語を学ぶのは手遅れ」
のようにはならないと思います。

 

その理由と、
40代からできる英語の学び方について
これから書いていきますので
興味がある方は読んでみてください。

 

40代から英語を勉強しても遅いと思っている人が多い

「40代から英語を勉強するのはオワコン」
みたいな感じで
巷では思われていますが、
なぜそう言い切れるのかが疑問です。

 

・認知機能が落ちてきたから?
・40代からだと英語の発音を聞き分けることができないから?
・仕事が忙しくて学生みたいに勉強する時間がないから?

 

彼らに聞いてみると
上のような意見が色々と
出てきます。

 

しかし、こういうのは全て
言い訳として並べているだけ
なんじゃないでしょうか?

 

例えば、
「認知機能が落ちてきたから」
という意見の場合だったら、

健康に気を配って
認知機能を上げる努力をしたらいい
だけですし、

仕事が忙しくても
どこか絶対に隙間時間とかあるはずで、
しっかりと計画を練り直して
英語学習に励めばいいだけです。

 

「40代から英語を勉強しても
 発音の改善の余地がないから
 リスニング力は一向につかない」

 

という意見に対しては、

「それは客観的に基づいたデータから
 調べてきた意見ですか?」

と言いたくなります。

 

言語学の研究では
普遍文法説や臨界期説など、
様々な学説があるのですが、

どの説を見ても

「大人になってから第二言語を勉強しても
 言語は身につかない」
という研究結果は存在しません。

 

詳しくはこちらの記事を
参考にしてみてください。

 

 

このように、

「40代を超えてから
 英語を勉強してももう遅い」

という意見には、
あまり論理的な理由が
無いんですよね。

 

だから合理的に判断すると、

「40代から英語を勉強するのは
 時間の無駄とは言えない」

ということになります。

 

英語を学ぶ理由が明確になっていればそれで良い

なのでもしあなたが本気で
「英語を学びたい!」
と思っているのであれば、

それは年齢に関係なく
勉強すべきです。

 

何の根拠もないのに
「大人から英語を勉強しても無駄だ」
と思うのは
非常に勿体無いですし、

可能性の視野を一気に
狭めてしまっていることになります。

 

今これを読んでいる時こそが
一番若いのですから
今から勉強した方が
後悔も少ないです。

 

そしてもし英語を学ぶのであれば
英語を学ぶ目的を明確にすると
良いと思います。

 

学ぶ目的がなければ
ただ暗闇を突っ走って
勉強することになりますから、
非常に苦痛です。

 

逆に英語を学ぶ目的があれば
ゴールから逆算して
勉強することができるので
モチベーションも下がることなく
最後まで突っ走っていくことができます。

 

目的があるかないかで
英語を学ぶ姿勢が全然違ってきますので
英語を勉強する前に
そこだけは明確にしみてください。

 

英語を学ぶ目的の決め方に関しては
以下の記事を
参考にして頂けたらと思います。

 

 

40代からの英語の学び方

 

それでは40代からの英語の学び方
を見ていきますが、おそらく、

「英語学習に失敗したくない」
「効率的に英語を身につけたい」

と思っているはずです。

 

もちろん40代の人だけじゃなくて
僕たちの世代でも
みんなそう思っているのですが、

年齢を
積み重ねれば積み重なるほど

その思いは強くなる気がします。

 

ですが、日本にいるあなたが
『効率的な英語学習法』
を発掘するのは
正直言って至難の技です。

 

というのも英語教材やスクールを
提供している側は
あらゆる手段を使って
それらを販売したいからです。

 

・まずはカタカナ発音から!
・留学で全てが解決
・スクールに通って英会話を攻略!

 

などなど、様々な宣伝を使って
あなたの気を惹かそうとするのですが、
これらのほとんどが『罠』
だということに気づいてください。

 

なぜこれらが『罠』だと
言い切れるのかというと、
日本のTOEICのスコアを見れば
明らかだからです。

 

これほどまでにも
英会話スクールや留学の宣伝が
蔓延している中で、

日本のTOEICスコアは世界と比べて
圧倒的に低いです。

 

すると、データを見て客観的に判断すれば
英会話スクールや留学プログラムなどは
ほとんど意味がないのではないか?
ということが読めてきますし
(もちろん全く意味がないわけではないですが、、)

僕の知り合いでも
1年間オーストラリアに留学に行って
結局オーストラリアの友人ができただけで
ほとんど英語力は
身につかなかった人もいました。

 

こんな感じで日本にはたくさんの
英語学習の『罠』が潜んでいるわけなので
まずは英語学習の学び方を
改める必要があると思います。

 

タカツ
勉強法を調べるときは数値やデータを参照にすると当たりを引きやすい!

 

アラフォーこそ独学で勉強すべき

もしあなたが英語を勉強してきた
経験があるなら
今まで英語を勉強してきた
経緯を振り返ってみてください。

 

・受験英語の感覚でずっと英語を勉強してきた
・週に1、2回英会話スクールに通っていた
・TOEICの対策をたくさんしてきた
・海外へ留学したことがある・・・etc

 

色々あると思いますが、

今までたくさん英語の勉強をしてきたのに
それでも英語について悩んでいるのであれば
それはもしかしたら勉強法自体が
間違っているかもしません。

 

なので今の英語の勉強法で
伸び悩んでいるのであれば
一度僕の勉強法を
参考にしてみてください。

 

僕の勉強法は『独学』が中心です。

 

なぜ独学かと言いますと、
僕自身独学で英語を
身につけてきましたし、

独学の方が英会話スクールや留学よりも
効率的だということが分かったからです。

 

そして僕の独学勉強法は
受験勉強的なやり方ではなく、
ちゃんと実社会に通用する
ロジックになっています。

 

詳しい勉強法は
メルマガで詳しく解説していますが、
このブログでも
サラッと説明しておきます。

 

タカツくん
英語を日本語で学ぶことを一切排除した勉強法です。

 

音の改善が先決!国語力はその後の問題

 

まず、英語を勉強するとなると

ボキャブラリーを増やすか
英文法を勉強するか
リスニング力をつけるか
英会話を学ぶか

色々と悩むと思います。

 

そこで僕の結論ですが、
『まずは発音を攻略するところから』
が大事です。

 

なぜ発音が大事なのかというと、

発音を知らないと
ネイティブなら聞き分けられる英語の音が
聞き分けられないからです。

 

なので、
まずは発音から勉強することが
賢い選択です。

 

40代からだと発音を学んでも
もう遅いと思われがちですが、
100%発音を
身につける必要もないでしょう。

 

もちろん発音が分かれば分かるほど
リスニングの精度も増してくるのですが、

ある程度英語が
使えるようになりたいのであれば

100点ではなく80点を目指す努力をする方が
安心して勉強できます。

 

そして発音が身についたら
あとは国語力の問題なので、
英語の文章をたくさん読むという
「多読」に挑戦してみてください。

 

 

英会話はある程度英語力を積んでからやる

 

発音が分かって
ある程度の英語力が身についたら
英会話を学んで行ってもいいです。

 

発音と英語情報処理力が
備わっていないと

「そもそも相手が何を言っているのか分からない」
「相手の喋るスピードが速すぎて理解できない」

という事になってしまいます。

 

ですので、順番的には

発音→英語力→英会話

の順番で勉強して
行かなければいけません。

 

そして最近は独学でも英会話が
学べる環境になってきました。

 

『Speak Buddy』という
人工知能の英会話アプリが
発達してきていて、

わざわざ英会話スクールに行かなくても
独学で勉強することができます。

 

「外国人とコミュニケーションをしないと
英会話は身につかない」

 

という人もいますが、
スクールに通っても週に
1、2回程度しかやりませんよね。

 

それに対してアプリの場合は
好きな時間に好きなだけ
英会話の練習ができます。

 

お金に余裕がある人は
両方ともやってもいいかもしれませんが、
そんなに余裕がない人は

まずは金銭的リスクの低い
英会話アプリを使うことを
オススメします。

 

関連記事

SpeakBuddyはこちら

 

まとめ:40代から英語を学ぶことが無駄なら何を学んでも無駄だと思う

そんなわけで、
僕が40代の人にお勧めしている
英語の学び方を紹介してみました。

 

40代からでも英語を学ぶことは
可能だと思っていますし、

もし40代から英語を勉強しても
無理だと思うのであれば
多分他の何をやっても無理だと思います。

 

記憶力に衰えを感じるなら
あらゆる手段を使って
記憶力を高める
努力をしたらいいだけですし、

時間がないのであれば
移動時間などを使って英語を勉強すれば
良いのです。

 

やる後悔よりもやらない後悔の方が
大きく後悔するわけなので
年齢問わず、これから英語学習をしたいと思う方は
悩んでいるのではなくて
今すぐチャレンジしてみてください!

 

その時に僕のブログ記事が
少しでもあなたの役に立てれば
幸いです。

 

それでは今日の話は以上となります。

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)