L / Rを含んだ単語の発音の違い。発音記号より口の形を意識して使い分けよう!

Pocket

英語について研究しています。タカツです。

この記事では

LとRの発音って実際どう使い分けるの?

という人のために

・Lの発音方法

・Rの発音方法

・LとRが混合した単語の発音方法

を出来る限り分かりやすくまとめてみました。

ユーチューブで分かりやすい解説があるので、その解説を元に喋っていこうと思います。

タカツくん
動画を見る時間がない方はこの記事をざっと読んでから空いた時間に動画を見ることをオススメするよ!

それでは行きましょう。

LとRの発音の違いと紛らわしい単語たち

まずはこちらの動画から

LとRの発音の根本的な違いをざっくりまとめてみると

Lの発音

→舌を上の歯の後ろに軽く押すようにして発音

(発音するときに「ン」をつけると英語っぽく発音できる)

Rの発音

→舌の後ろの方に引いて巻く(歯や上顎に触れない)

(発音するときに小さな「ゥ」をつけて発音すると英語っぽくなる)

のような違いがあるんですね。

これを元にLとRで意味が変わる英語について発音を考えてみると次のような変化があります。

・riceとliceの発音

(米)
rice → ゥライス

(シラミ)
lice → ンライス

・riverとliverの発音

(川)
river → ゥリヴゥア

(肝臓)
liver → ンリヴゥア

・rightとlightの発音

(右)
right → ゥライッ

(光)
light → ンライッ

・fryとflyの発音

(揚げる)
fry → フゥライ

(飛ぶ)
fly → フンライ

・readとleadの発音

(読む)
read → ゥリードゥ

(導く)
lead → ンリードゥ

・prayとplayの発音

(祈る)
pray → プゥレイ

(遊ぶ)
play → プンレイ

・grassとglassの発音

(草)
grass → グゥレァス

(グラス)
glass → グンレァス

・roadとloadの発音

(道)
road → ゥロウドゥ

(積荷)
load → ンロウドゥ

・wrongとlongの発音

(誤った)
wrong → ゥラーン

(長い)
long → ンラーン

LとRの発音を間違ってしまうと、アメリカ人にとんでもない勘違いを与えてしまいそうですね、、、。

文章だけでは発音の変化を理解するのは難しいので上の動画は絶対に見ておいてください!

1単語にRとLが複数入っている場合の使い分け

では次の動画をどーぞ

ここでは1つの単語にLとRの両方が入っている場合の発音の仕方について学びます。

この動画では

girlfriend

という単語を取り扱っていますが、これを「ガールフレンド」とそのまま発音してもアメリカ人は聞き取ってくれません。

その理由は以下の2つです。

理由

①girlの「ガー」という発音は口を開きすぎて“ir”の発音として認識されない

②アメリカ英語では“l”の発音がほぼ消えている

んなもん知るかよ!

“ir”がついてるんだったらちゃんと発音しろ!って感じになるのすっごい分かります。

ほんっと、アメリカ人ってどういう神経してんのかねー。

まあでも、こんなことで愚痴を言いながら議論してても埒が明かないで正しい発音をしっかり学んで行きましょう。

正しい発音の仕方は次の2点です。

girlfriendの正しい発音

①“ir”、“r”は少しだけ口あけて「アー」を発音したまま舌を巻く
(上あごには触れないようにするのがポイント)

②“l”の発音は舌を上の歯の後ろに軽く押すようにして発音
(個人的には少し触れるぐらいでOK)

ポイントはたったの2点ですが、自分で発音してみると思ったより難しいと思いますので何度も動画を見て何度も発音練習を実践してみてください。

動画ではgirlfriendの他にgallery,dollarなども紹介されていますが、パターンはgirlfriendの場合と同様です。

ar,er,irの発音は口を大きくあげて「ア」と発音するのではなく、口を少し閉じて舌をどこにも触れずに少しだけ巻いて発音するようにしよう。

参考:agreeとuglyの違い

はい!最後の動画です⇩

この動画でテーマとなっているのは

I agree.(私は賛成です)

I’m ugly.(私はブスです)

の発音の違いです。

この2つの発音は、間違えてしまうと致命的なミスになってしまいます。

「私は賛成です」と言ったつもりなのに「私はブスです」という意味で伝わってしまったら聞き手側の人は全員動揺するというか、多分笑われます、、。

というわけで、この両者の発音の仕方については知っておく必要がありますね。

“I agree.”と“I’m ugly.”を見極めるポイントは以下の3つです。

ポイント

⑴amがあるかないか

⑵rとlの発音の違い
R→舌を上あごにつけずに巻く感じで発音
L→舌を上の歯の後ろに当てて発音する

⑶イントネーションの違い

まず(1)についてはamがあるかないかという『視覚的な違い』があるのですが、amがなくても発音が悪かったら“agree”を“ugly”として聞き取られてしまう可能性があるので注意です。

(2)については前述の通りで、ここでは(3)について説明します。

“agree”と“ugly”のイントネーションの違いは

agreeだと「ee」部分が強調されるのに対し、uglyでは「u」のイントネーション部分が強調されます。

なので、イントネーションが違ってくるとagreeをuglyと聞こえてしまう可能性大なので(1)よりも(2)、(3)を意識して使い分ける必要があるわけですね。

まとめ:発音記号は意識するな!

今回は、L / Rの違いを動画を引用しながら解説してみました。

この記事や動画を見てみたらわかるんですが、発音やリスニングを勉強するときは発音記号にこだわる必要はありません。(現に発音記号なんか使ってないでしょ。)

発音記号にこだわっても結局のところ音声変化で発音が変わってしまいます。

ですので発音記号よりも、

①音声変化

②口の形

③イントネーション

の3点を意識して勉強していってください。

特に英会話やリスニングで重要になってくるのが①の音声変化です。

音声変化の理解なしで英語は聞き取れません!

関連記事

英語が聞き取れない3つの理由を解説した記事はコチラ

英語が聞き取れない、悔しい!リスニングで点数が取れない3つの理由とは?

音声変化をうまく聞き取れるようになるのが英会話を底上げするのにすごい重要になってくるので、英会話の初心者の方はまず音声変化について勉強してみることをオススメします。

音声変化の具体的な話は「発音改善を重視したプライムイングリッシュ」記事の「3.音声変化のルール」の項目をご覧ください。

それでは今回の話は以上です!

おわり!

1700円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は大学2年の秋頃から本気で英語を勉強し、

1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

もともとは勉強が嫌いで、
高3の頃から本格的に受験勉強するも
1つの大学にも合格できなかった
ダメ人間でした。

家は貧乏で、
塾や予備校に行くお金すらありませんでしたし
友達も少なかったので
人脈もほとんどいません。

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

あっさりと英語力を
伸ばすことができました。

その英語を学ぶ過程で、

・英文を返り読みせずにスラスラ読む訓練法
・戦略を立てる方法
・1音1音確実に英語音声を聞き取る方法

など、

学校では学べないことを
知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

そして、そういう人が少しでも増えれば、

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「右脳式英語学習法」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『脳科学』×『英語』戦略
右脳式英語学習法






「科学的に英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者がTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中