TOEFL iBTリーディング対策とは?攻略のコツをご紹介します!

Pocket

こんにちは!ライターのKUMA1です。私はニューヨークの高校に留学していたのですが、留学前にTOEFLiBTを受験しています。留学をするためには、TOEFL iBTテストが必要です。

さてTOEFLiBTはリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングと4部門あるのですが、この記事ではリーディングに絞って対策やコツを紹介していきます。

単語力を増やす

まずリーディングで成績をあげるためには、単語力をあげることが必須です。たん単語力をあげるためには、TOEFLiBTにでる単語をまとめた単語帳を使うことは大事です。しかしただ単語帳を見て、単語カードなどを作って単語を覚えるのは限界があります。

そこでおすすめなのが、単語アプリです。ただ机に向かうだけでなく、移動中などすきま時間でいいのでアプリを使って単語を覚えることです。

アプリはクイズ形式になっていたり、ネイティブが正しい発音を教えてくれるので、より効果的に単語を覚えることができるのです。

また目標とする点数に合わせて、必要な単語力は変わってきます。もし初めて受験するようであれば、少なくてもTOEFLiBTの単語帳の半分は覚えるようにしてください。

半分というと難しいかもしれないですが、中学英語だけで十分半分はとることができます。つまり難しい単語をどんどん覚えていくよりも、確実にとれる問題を正当していくことが大事です。

全文を読む必要がない問題

TOEFLiBTのリーディングには、単語問題、一部の文章を理解する問題、長文の3つがあります。このうち全文を理解している必要があるのは最後の長文だけです。

最初の単語問題はその単語と前後を理解していれば十分にとくことができます。一部の文章を理解する問題では、決まった文章だけを理解すれば十分です。

TOEFLiBTのリーディングは時間との勝負でもあるので、無駄に時間をかけないことが重要です。また私も経験があるのですが、無駄に全文を理解しようとして大事な部分が抜けてしまうことがあります。

限られた時間の中、悩む要素が多すぎると結局時間だけを使ってしまうことがあります。

TOEFLiBTでは無駄なことを排除することも重要です。

最後に長文対策なのですが、選択肢の中で文章で言っていないものは絶対に選ばないようにしてください。そのために長文の中で、主なポイントを抑えることが必要になります。

選択肢の中で内容はあっているけど、主なポイントと違う場合はその答えは間違えている可能性が高くなります。

洋書を読むこと

ここまでリーディングに関してコツを伝えてきたのですが、根本的にリーディング力を高めるためには、英語で書かれた本や雑誌、新聞などを読むことが必要です。


試験のための勉強だけをやっていても、結局本来の意味での英語力ではありません。

TOEFLiBTは留学生に対して英語力の判断材料とするので、TOEFLiBTが高くて英語クラスが免除となっても、いきなり一般のクラス(アメリカ人が受けるようなクラス)を受けると苦労することになります。

留学をするためには、TOEFLiBTの点数をあげることが重要ですが実際に大事なのは留学してからなのです。また試験のためだけの勉強ではなく、英語力を高める勉強をしましょう。

英語で書かれていれば雑誌でもなんでもいいので、英語に対する抵抗感がなくなってくると自然とリーディング力はあがります。選択肢を見ても、「ある程度ワンパターンのことしか聞いてこないな」ということに気が付くと思います。

英文を読むといっても、留学前にお金をかける必要はありません。図書館とインターネットだけで充分資料はそろいます。英文を読むのに慣れてくると、英単語やフレーズなども自然と頭にはいってきます。

TOEFLiBTのリーディング対策としては、

・単語力を増やすこと

・無駄な時間を使わない

以上の2点を説明してきましたが、私がお伝えしたいのは英語で書かれた文章になれることです。例えば野球が好きな方は、メジャーリーグに関する記事をネットで探すとよいでしょう。

野球は言葉が英語と同じものが多く、自然と頭に入ってきます。私も実は留学当初は野球でかなり英語に慣れました。

今はインターネットで現地の新聞などを読むことができるので、自分の好きなジャンルの英文を読んでいくとよいでしょう。自然と速読もできるようになりますよ。

関連記事

TOEFL iBTリーディングの勉強法とおすすめの参考書は?

TOEFLリーディングの時間配分とは?注意点をご紹介!

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)