ディクテーションが間に合わないときに考え直して欲しい4つの事

Pocket

どうも、タカツです。

 

今回は、

ディクテーションが間に合わない場合に
どうすれば良いのか、
について述べていこうと思います。

 

ディクテーションとは、
リスニングで聞き取った英語を
文字に起こしていく作業のことで、
初心者には結構ハードルが高いです。

 

ある程度のリスニング力がなければ
ディクテーション学習は
ほぼ100%挫折してしまいます。

 

今日はディクテーション学習で
挫折しそうな人たちに向けて、

今やっている自分の勉強法が
合っているかを確認するために、
4つほど知って欲しい点を
ピックアップしてみました。

 

それでは見ていきましょう!

 

ディクテーションが間に合わない場合に確認すべき事

早速結論から言っちゃいますが、
「ディクテーションが間に合わない!」
と困っている人は、
以下の4つの点を確認してみてください。

 

ディクテーションができない人が確認すべきこと4選

❶センテンス(文)ではなくパッセージ(文章)でディクテーションしていないか?

❷いろんなネイティブの音声を活用していないか

❸英語の発音知識が十分にあるか?

❹音声変化の知識を感覚的に理解しているか?

 

この4つのどれか
1つでも抜けているものがあれば、
ディクテーション学習は結構挫折します。

 

もちろん可能性の問題で、
全く発音の知識がなくても
一部の天才は感覚的に英語が
スラスラ聞き取れる人もいます。

 

なのでこれらは
全員に当てはまるものではないですが、
少なくとも僕はこの4つを克服して
ディクテーションができるようになりました。

 

あなたも少しでも当てはまるものがあれば
ぜひ改善してみてください。

 

センテンスではなくパッセージでディクテーションをしていないか?

 

1つ目は、
『パッセージで
 ディクテーションしていないか?』
という点です。

 

パッセージとはいわゆる『文章』のことで、
1パラグラフとか2バラグラフのような
文の塊のことを言います。

説明だけだと分かりにくいので、
1つ引用例を載せておきます。

 

・パッセージの例

Actually, colds are caused by many different viruses from several major viral families. Medical researchers know the viruses that infect human cells. They also know most of the symptoms we experience with a cold are caused not by the cold virus, but by the body’s attempts to defeat the virus. It is clear that the body’s immune system automatically counters the virus, and causes an inflammatory response. Therefore, to be able to limit the effects of the virus, we normally try to control the symptoms. As noted above, there are many cold viruses in the world, and once you get a particular virus, you become immune, which means later if the man sitting next to you suffers from the same cold virus you once had, you will still have immunity and won’t become sick.

 

めちゃめちゃ長いですよね。

 

この量を
1文字1文字ディクテーションするとなると、
結構集中力をようしますし、
何度も再生するのが面倒です。

 

なので、
このような大量の文の素材を使った教材を用いて、
ディクテーションの勉強をするのは
かなりハードルが高いと思います。

 

僕も昔、TOEICの過去問を使って
ディクテーションをやった事があるのですが、
ヒアリングの時間が長くて
3日で辞めちゃいました。

それに対して、センテンスの場合だと
次のような英文を
ディクテーションすれば良いわけです。

 

・センテンスの例

Actually, colds are caused by many different viruses from several major viral families.

 

パッセージの場合と比較にならないくらい
めっちゃ短いですよね。

 

これくらいだったら初心者でも
ディクテーションを頑張れそうです。

 

ヒアリング時間が圧倒的に短いので
音声を何度再生しても苦になりません。

 

しかもセンテンスだと、
苦手な音を短時間で
何度も聞き直す事ができるので、
学習効率も圧倒的に高くなります。

 

パッセージでのディクテーションが難しい人は
ぜひセンテンスに変更して、
ディクテーションを試してみましょう。

 

いろんなネイティブの音声を活用していないか?

 

2つ目は、
いろんなネイティブの音声を
使っていないかどうかです。

 

日本で売られている英語教材は、
「ネイティブの音声が収録!」
と謳っている教材が数多く売られています。

 

それ自体はすごく嬉しい事なのですが、
実は、『ネイティブの音声』といっても
いろんな発音のものがあります。

 

大きく大別すると、
『アメリカ英語』『イギリス英語』
です。

 

アメリカ英語とイギリス英語は、
結構発音とかアクセントが違います。

(もっと言えば、使われる英単語も違います)

 

例えばアメリカ英語では
“letter”の発音が
dやlよりの発音に変わるのですが、
イギリス英語ではしっかりtを発音します。

 

このような違いから、
今までイギリス英語を学んできた人が
いきなりアメリカ英語で
ディクテーションをすると

全然聞き取れなかったりするので
注意しましょう。

 

アメリカ英語を学んでいる人は
アメリカ英語のみに絞り、
イギリス英語を学んでいる人は
イギリス英語のみに絞る。

 

いろんなネイティブの音声を
ごっちゃにして勉強している人は
かなり学習効率が非常に悪いと言えます。

 

もっと具体化すれば
オーストラリア英語とか
シンガポールなまりの英語とか
いろいろあるのですが、

アメリカ英語とイギリス英語の違いは
絶対に意識してくださいね。

 

ちなみに以前、英語を勉強するなら
アメリカ英語とイギリス英語の
どっちを勉強するべきかに
ついてまとめた記事を書いていたので、

興味がある方は
参考にしてみてください。

 

 

英語の発音知識があるか?

 

3つ目は、まあこれは当たり前ですが、
発音の知識があるかどうかです。

 

発音って超大事なんですが、
意外と日本は発音を重視した教育が
行われていません。(笑)

 

英語って「ア」の発音だけで
5種類ぐらいあったりして、

50音しか知らない日本人が
本格的に英語を勉強しても
圧倒的に発音の知識が足りないんですね。

 

だから、

リスニングができるようになりたければ
絶対にまずは発音学習から
入らなければいけません。

 

正しい音を認識する事が
リスニング攻略の第一歩となります。

 

ディクテーションに躓いている人は
「自分には発音の知識があるのか?」を
一度再確認してみてください。

 

参考に、発音の重要性について述べている記事を
いくつかピックアップしときました。

 

 

音声変化の知識があるか?

 

最後は『音声変化』の知識の有無です。

 

特にアメリカ英語の勉強をする場合だと
リエゾンが結構激しかったりするので
音声変化の勉強は必須になります。

 

発音も分かっているのに
ディクテーションができない人は
音声変化の知識が抜けている可能性があるので
重点的に補填していきましょう。

 

音声変化(リエゾン)の特徴

・音が変わるもの

α:リンキング

β:フラッピング

 

・音が脱落するもの

γ:リダクション

特に、上記の3つ、

・リンキング
・フラッピング
・リダクション

の知識は重要です。

 

これらを集中的に改善するための教材を
別記事で紹介しているので、
音声変化を学んでいきたい方は
参考にしてみてください。

 

 

おすすめのディクテーション教材

以上の点を満たしている人は、
どんどんディクテーションに
チャレンジしてみると良いでしょう。

 

そこで僕がオススメしている
ディクテーション素材を1つ紹介しておきますので、

これからディクテーションを
始めようと思っている人は
ぜひ使ってみてください。

 

やっぱりTEDICTがおすすめ

 

僕が1番オススメしたいのは
やっぱり『TEDICT』というアプリですね。

 

 

TEDICTは、
TEDのプレゼン動画で語学学習をしよう
というようなアプリで、

リスニング力を的確にアップさせてくれる
ツールだと思っています。

 

しかもTEDICTには
ディクテーション機能があって、
1センテンスずつに区切って
ディクテーションする事ができるため、

ディクテーション学習も
非常に快適です。

 

TEDICTの詳細は
こちらでまとめているので
よかったらこちらも読んでみる事を
オススメします。

 

 

しかし、TEDのプレゼンは、
プレゼンターの発音が
結構聞き取りやすかったりします。

 

一般の日常会話で話される
音声変化はもっと砕けているので、

日常的な英語を学びたい場合は、
もっと別のアプローチが必要があるでしょう。

 

日常会話となると、
やはり映画ドラマなどが素材として
一番優秀なので、TEDICTの次に
Huluなどを活用していくのが良いと思います。

 

 

まとめ:ディクテーションが間に合わないときは、自分の勉強法を確認しよう

ディクテーションが間に合わなかったときに
自分の才能の問題だと
勘違いしちゃう人もいると思うんですが、

単に知識が抜けていたり
勉強のやり方が間違っている場合の方が
多かったりします。

 

なので、まずは上記の事項4点を
確認していただき、

何か当てはまるものがあれば
とりあえず改善を試してみてください。

 

上記の事項が全てクリアしているのに
ディクテーションができないっていう人は
単に勉強量が足りない場合もあるので

量で攻めて何度も「失敗」を重ねながら
対策を見つけ出して行きましょう。

 

それでは、今日はそんな感じです。

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)