初心者がたった半年の独学でTOEIC800点まで伸ばす英語学習プラン

Pocket


タカツです、

 

今日のテーマは、

『半年の独学勉強法で
どれだけ英語力が伸びるのか?』

ということについてです。

 

よく、読者の方から
「いつまで勉強すれば
 英語力が伸びますか?」
という質問が来ます。

 

この質問に対して
僕は読者の方が
どれくらい努力しているのかが
分からないので、

「分かりません」

と答えることにしていたのですが、
あまりにもこのような質問が
殺到しすぎて
可哀想になってきました。

 

なので今回は、

どれくらい英語をやれば
英語力が伸びて
自信が持てるレベルまで
到達するのか?

 

という部分について
語っていこうと思います。

 

『どれくらい英語を
 勉強すればいいのか?』

という部分を知ることによって、

『いつまで英語を
 勉強すればいいのか?』
という目星が逆算思考によって
ある程度つくようになるはずです。

 

タカツ
それでは見ていこう!

 

僕の勉強法を半年の期間でやりきったら1日何時間かかるのか?

僕はほとんど独学で
英語という科目を
乗り切ってきたんですが、

TOEIC420→900点突破するまでに
1年は費やしてきました。

 

平日は1日2時間、
休日は1日8時間

ぐらいはやっていたので
もし半年の期間でTOEIC900点を
突破するとなると、
単純計算で2倍にすれば良いので

平日は1日4時間
休日は1日16時間

は必要だということです。

 

まあこれでも
受験生みたいに追い込まれている状況で
勉強すれば
達成できなくはないですが、

あまりにも人生を
英語に捧げすぎていますね。

 

というわけで僕の経験上
素人が半年でTOEIC900点
という夢を追っても
挫折するだけだと思うので

『TOEIC800点突破』と
ワンランク下げて
もう一度考えてみましょう。

 

到達地点をTOEIC800点と仮定すると・・・

 

ではあなたの目標到達地点が
半年でTOEIC800点だと仮定します。

 

すると、1日の勉強時間は
次のようになります。

 

平日は1日3時間
休日は1日10時間

半年のうち、
平日が128日、
休日が54日あるとして

3×128 = 384時間
10×54 = 540時間

合計:924時間

 

半年で約1000時間
勉強できるということが
割り出されました。

 

1000時間あれば
TOEIC400点代の人であれば
800点は目指せそうですね。

 

もちろん、勉強のやり方次第で
グイッと点数が伸びる人と
全然点数が伸びない人に別れます。

 

なので、この1000時間を
どのように配分して、配分した時間を
何の勉強に投下したら良いのかを
後で考えていく必要がありますね。

 

英語を独学で勉強するメリット

ですが、そもそも英語って
独学で身につくものなのか?

と疑問に思っている人も
いるかもしれません。

 

英語や日本語のような
言語というのは
コミュニケーションツール
の一種なので

 

「外国人と喋らなければ
 意味がない」

「まずは実践練習から」

 

とおっしゃる人も
たくさんいると思います。

 

ですが、英語に関しては
(他の言語もそうだと思っているのですが)
独学やる方が
圧倒的に実力をつけられると思っています。

 

もちろん、
「簡単な英会話を習得したい」
という人や、

「海外旅行で苦労しない
 英語力が欲しい」
という人は、

英会話スクールに通った方が
効率的かもしれません。

 

ですが、
「本格的に英語力をつけたい」
「外国人と対等にコミュニケーションがしたい」
という人は

ある程度の独学は
絶対に必要になってきます。

 

なぜ独学が
必要になって来るのかについては
以下のまとめ記事を読んでみると
深く理解できると思います。

 

 

上記の記事で分かる通り、
独学で勉強する必要性が
理解できると思います。

 

ただこう言うと、

 

「独学で勉強している
 日本人だってたくさんいる」

「独学で勉強しているから
 英語力は伸びないんだ」

 

と批判してくる人も
いるかもしれません。

 

これは単純で、
勉強法が間違っているからです。

 

詳しくは前回の記事にも
まとめていますので
こちらも参考にして
いただければと思います。

 

 

このように独学というのは
やり方さえあっていれば
英語の実力はついてくるものですし、

 

・独学で英語を勉強すると、勉強する時間を確保しやすい

・いつでもどこでも一人でインプットとアウトプットができる

・留学、英会話スクールなどに参加して高額請求されることがない

・移動中や隙間時間にいくらでも学習できる

・怪しい変な広告や勉強法に流されることが少なくなる
…etc

 

といったメリットがあります。

 

独学には独学なりのメリットが
たくさん存在するので
勉強法に悩んでいる方は
やってみる価値ありですね。

 

英語を独学で勉強するデメリット

もちろん独学で英語を勉強すると

 

・外国人とコミュニケーションができない

・実践練習の場が少なくなる

・添削してくれる人がいない

 

などのデメリットもあります。

 

ですが、
あなたが初心者であればあるほど
いきなり実践練習しても
返り討ちにされるだけです。

 

草野球選手がいきなりプロ野球選手の
豪速球を打てるわけがないですよね。

 

そして、添削してくれる人が
いなかったとしても、
例えば今は人工知能発音矯正アプリ
などがあったりしますし、

ライティングは他人の文章を
模倣することによって
鍛えることも可能です。

 

確かに独学にも
デメリットはありますが
それを補う対策方法は
いくらでも存在するので

今一度
「独学の勉強法は悪なのか?」
という部分を
見直してみてください。

 

僕がシミュレートした独学勉強プラン

それでは僕がシミュレートした
独学勉強法というのはどんなものなのか?

という部分について
喋っていきたいと思います。

 

今回の話は
TOEIC(L&R)で800点を突破することが
目的なので、『英会話』の話は
割愛させてもらいます。

 

基本的にTOEICで
800点突破するには

『リスニング』
『英語脳』
『TOEIC対策』

の3セットが
必要になってきます。

 

これは、
以前から僕のブログを
知っている人であれば
馴染みがあるかもしれません。

 

まず最初にリスニング、
そして次に英語脳、
最後にTOEIC対策
の流れで勉強していきます。

 

この流れは絶対厳守です。

 

その理由に関しては
詳しくはメルマガで解説しているので
興味がある方は
メルマガを参考にしてみてください。

 

関連記事

タカツのメルマガ

 

それを踏まえた上で
独学勉強プランを
練っていきましょう。

 

リスニング 200時間

 

まず最初に『リスニング』
と言いましたが、
詳しくは発音ですね。

 

リスニングの理解力は
発音の理解と英語脳が合わさって
初めて発揮されます。

 

なのでまずは
発音の勉強をしていけば良いのですが、
発音を習得するのは
そんなに難しいことではないです。

 

だいたい1000時間のうちの
100~200時間程度で
済ませることができます。

 

なぜかというと、
発音は覚える数が
少ないからです。

 

詳しくは以下の記事でも
語っているので
合わせて読んでみてください。

 

 

英語脳 600時間

 

発音でだいたい
200時間使ったとして
あと800時間ですね。

 

そのうち、600時間程度は
『英語脳』に費やします。

 

英語脳とはそもそも何なのか?
という人のために
念のため喋っておくと

『英語を英語のまま理解する脳』

ということで、
これを鍛えるためには
ある程度時間が
必要になってきます。

 

ある程度のボキャブラリーや
読解力、文法力は
必要になってきるので
発音のように一筋縄ではいきません。

 

ですので発音学習の
3倍もの時間をここでは
費やしていくことにします。

 

英語脳に600時間を
費やすことができれば、

TOEIC800点レベルであれば
余裕だと思いますので
一度チャレンジしてみてください。

 

詳しいやり方に関しては
こちらもメルマガで
解説しています。

 

TOEIC対策 100~200時間

 

そして、最後の200時間
TOEIC対策をしていきます。

 

まあ200時間でも
結構長い方なので
「まだまだ英語脳がついていないな」
という方は

英語脳に700時間、
TOEIC対策に100時間としても
問題ないでしょう。

 

タカツ
リスニング:英語脳:TOEIC = 2:6:2の割合で勉強するイメージ!

 

100~200時間も対策をすれば
TOEICの問題形式には
かなり慣れてくると思います。

 

そして練習量も十分なくらい
積めているはずなので
TOEICで納得の行くところまでは
点数が上がっていると思います。

 

あとは本番で
ケアレスミスをしないように
臨むようにするだけですね。

 

もちろん、
TOEIC勉強勉強をするときも
模試とかは時間を測って
解かなければいけません。

 

TOEICは時間との戦いなので
時間感覚を身につけておかなければ
下手をすると
時間切れになってしまいます。

 

そんなことがないように
模試ではしっかり時間を
測るようにしましょう。

 

まとめ:いつまでに結果を出したいかどうかは逆算思考で考えよう

それでは今回のまとめですが、
もしあなたが半年で
ある程度成果を出したい
と思うのであれば

ゴールから逆算して
勉強時間を捻出すると
良いと思います。

 

これを逆算発想法
言ったりするのですが、
常に逆算思考ができていれば

ゴールまでに
やらなければいけない勉強時間が
明確になるので

あとは計画通りに目的地まで
走って行くのみです。

 

もちろん具体的な勉強時間は

 

・あなたがどんな参考書を使っているのか?
・普段どんな方法で勉強しているのか?

 

という部分で
ある程度変わってきたりするので、
その辺りは自分の経験から
計算し直してみる必要がありますね。

 

今回僕が提案した
『半年の独学でTOEIC800点まで突破するプラン』
はあくまで目安だと
思っていただければと思います。

 

それでは今回の話は以上です。

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)