【重要!】リスニングで理解が追いつかない時に役立つ勉強法5選!

Pocket


こんにちは!タカツです。

 

明日から夏がやってきますが、
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

僕は相変わらず自粛しながら
プログラミングとブログを書いています。

 

パソコンがあれば
基本的に仕事ができるので
いつでもどこでもやろうと
思えばできるのですが、

なかなか手が進まなくて悩んでます(笑)

 

さて、

今日は新しくメルマガの質問者さんから
いくつかメールが届いていますので
それについてブログで
解説していこうと思っています。

 

今回の質問は以下の通りです。

 

質問者さん

タカツさん。毎回メルマガを読ませてもらっています。

タカツさんのメルマガや電子書籍の中で英語脳の勉強法について詳しく学ばせて頂きすごくためになりました!すごく納得したのですが、ただやはり実際に行動に移せていないこともあって少し不安です。

私自身、特にリスニングが苦手でしてタカツさんのおっしゃっている勉強法でもリスニング力が伸びないのではないかと恐怖に縛られています、、、。

もしタカツさんの勉強法を実践してもリスニングで理解が追いつかなかった場合、どのような対策法があるか教えていただけると幸いです。

よろしくお願いします!

 

なるほど。

こんな視点での質問は初めてですね。

 

確かに教えられた方法で勉強してみても
実際に成果が出なかったら怖いですよね。

 

そこで今回は勉強しても
リスニングで理解が追いつかず、

伸び悩んでいる時に
試してみてほしい勉強法を
紹介していこうと思います。

 

一般公開で喋るので
誰にでも役立つ勉強法を
解説しようと思いますので

興味がある方は
最後まで読んでみてください。

 

それでは行きましょう!

 

リスニングで理解が追いつかない原因は次の2つ

僕自身、
リスニングで理解が追いつかない原因は

2つあると思っています。

 

まず1つ目が『発音の軽視』
そして2つ目が『英語脳になっていない』

です。

 

それぞれどういったものか
具体的に解説して行きますね。

 

発音がそもそも理解できていない

 

1つ目の原因は
『そもそも発音が理解できていない』
です。

 

これは超重要なキーワードなので
絶対に覚えておきましょう。

 

まず発音が聞こえなければ
英語を聞き取ることができません。

 

なぜか?

 

それは日本語の音と英語の音の
性質が全く違うからです。

 

例えば英語には
日本語の『ア』のような発音が
5種類ほど存在します。

 

この5種類の微妙な音の違いを
正確に聞き分けなければ
英語を聞き取ることが
難しくなってしまうのです。

 

詳しい話はこちらの記事で
解説しているので興味があれば
参考にしてみてください。

 

 

これまで一度も
発音を勉強したことがない人は
音の理解から学習する必要があります。

 

英語脳で情報処理できていない

 

次にリスニングが
理解できない人の特徴として
『英語脳で正しく情報処理できない』
というのがあります。

 

そもそも英語脳とは何か?
と疑問に思う人もいると思いますので
はじめに言っておきますと、
英語脳とは

 

『英語を英語で理解するための脳』

 

のことで、
英語を日本語に翻訳して理解する
能力のことではありません。

 

つまり、
発音がはっきり理解できている人が
次に疑うべきなのは

『英語を日本語に
翻訳してしまっている癖がないか?』

ということです。

 

英語を日本語に翻訳してしまうと、
どうしても理解するための
時間が遅れてしまいます。

 

なぜなら
英語を日本語に翻訳する時点で
情報処理のタイムラグが
発生するからです。

 

特に、英語と日本語は語順が真逆ですので
英語を日本語に翻訳するときは
英語で書かれていることとは反対に
返り読みしながら訳さなければいけません。

 

そうすると、英語を理解するのに
膨大な時間がかかることが
容易に分かるとおもいます。

 

なのでまずは
翻訳学習というものを断ち切って

英語を英語だけで理解する能力を
身につけなければいけません。

 

普段学校で教わっている授業みたいに
英語を日本語訳にするのではなく
英語だけで考える癖をつける
必要があるのです。

 

そのための勉強法は
これから解説して行きます。

 

ネイティブのようにリスニングができるようになるコツ

先ほど説明した
リスニングができない原因を
前提にしながら

具体的な勉強方法を紹介して行きます。

 

タカツ
この中から自分に適している勉強法を探そう!

 

①発音力を鍛える

 

まず1つ目が、
『発音力を鍛える』

ことです。

 

まあさっきの話を聞いていただければ
当たり前ですね。

 

発音がわからなければ
英語のリスニングなんて聞き取れるどころか
はっきり言って論外です。

 

きつい言い方をしましたが
これだけ発音は英語学習の中で重要
だということを認識しておいてください。

 

発音学習の話は
ここで解説するとかなり長くなるので
僕のメルマガを読んでいただくか、
以下の記事を参考にしていただければと思います。

 

 

②多読・多聴を行う

 

次に2つ目ですが、
『多読・多聴』
という勉強法がオススメです。

 

こちらはかなり王道な勉強法ですが、
この勉強法を具体的に展開してあげると
一般の多読・多聴とは
全く違った勉強法になります。

 

僕が紹介する勉強法で
まず登場してくるのが

『英英辞典』です。

 

英英辞典というのは
英語の語彙を英語で解説した
辞書のことなのですが、

これを使うことで
あらゆる英文を読むときに
英語を英語だけで読みこなすことが
できるようになります。

 

特に僕がオススメしている英英辞典は
ロングマンアメリカ英語辞典が
オススメです。

 

ロングマンアメリカ英語辞典は
中学生でも理解できるくらい
かなりわかりやすく解説が載っています。

 

 

また、多聴を行うときは
アプリYouTubeを活用しましょう。

 

最近は
YouTubeに英語字幕付きの動画が
あったりするので
無料でもリスニング学習ができます。

 

無料だけで勉強したいという人は
YouTubeでも良いですが、

アプリでもがっつり
リスニング対策をしたいのであれば
TEDICTがオススメです。

 

こちらは別の記事で
詳しく解説しているので
参考にしてみてください。

 

 

ここでは色々とツールを紹介しましたが、
これらを使って
英語だけで考える癖を
身につけて行きましょう。

 

③ディクテーションをする

 

次にオススメの勉強法を紹介します。

 

それは
『ディクテーション』
という学習法です。

 

ディクテーションと聞かれて
なんだかさっぱり分からない人も
いるかもしれませんが、

非常に簡単な勉強法なので
安心してください。

 

要するに、聞き取った英語を
ペンか何かで書き取るだけです。

 

これをすることによって
自分が英語で
聞き取れなかった弱点部分が
明確に分かるようになります。

 

多聴である程度英語が
聞き取れるようになったと思えた人は
実際に英語が聞き取れているか
ディクテーションで試してみてください。

 

ちなみに
ディクテーションは先ほど紹介した
TEDICTという
アプリを使えば簡単にできます。

 

タカツ
ディクテーションを駆使してリスニング力を格段にアップさせよう!

 

④リテンション

 

そして4つ目の方法なのですが、
これは『リテンション』
という学習法があります。

 

リテンションの意味は
『記憶保持』
と訳されるのですが、

要するにリテンションをすることで
「聞き取った英文を
最初から最後まで理解できているか?」
が分かるようになるのです。

 

英語を聞き取っていたら
最初に聞いた英語の内容を
忘れてしまっていた
という現象がたびたび出てくると思います。

 

そのような症状に
効果的なのがリテンションなので
興味があれば試してみると良いでしょう。

 

詳しいやり方は
以下の記事で解説していますので
参考にしてみてください。

 

 

⑤文法の型を理解する

 

そして一番最後なのですが、
『基本文法を理解する』
ということです。

 

当たり前かもしれませんが、
英語の理解力は
ある程度の文法力がなければ
培われません。

 

なので、多読・多聴をしながら
文法力を養っていくことを
オススメします。

 

ただし、注意して欲しいのが
『日本語解説で
書かれた文法書を使わない』
ということです。

 

日本語解説を読んでいる時点で
翻訳学習になってしまう
可能性がありますから

ネイティブのようになりたければ
英英の文法書を活用することを
オススメします。

 

僕的におすすめの文法書は
『English Grammar In Use』
というものがおすすめなので
紹介しておきますね。

 

 

まとめ:リスニングで理解が追いつかない人は勉強法を疑ってみよう!

というわけで、
色々と勉強法を紹介してきましたが
参考になったものは
ありましたでしょうか?

 

僕自身英語力の伸びしろというのは
全て勉強法で決まるものだと思っています。

 

勉強法が間違っていると
いつまでたっても

英語の実力は伸びないので、

少しでも気になった勉強法があれば
試してみてください。

 

今回は質問者さんに対して
『リスニングで理解が
追いつかない人が試すべき勉強法』
について解説してみました。

 

それでは今回の話は以上です。

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)