【完全保存版】主婦だからこそできる英語の独学勉強法

Pocket


タカツです。

 

最近ブログや
メルマガを発信していると、
主婦の方からも
連絡を頂くようになりました。

 

それらを読んでみると
主婦層の悩みは
基本的に2つに別れていて、

・子供に英語を教えたい

という人と、

・家事をしながら自分が英語を習得したい

という人が主な意見でした。

 

まず、

『子供に英語を教えたい』
考えている人は
子供の年齢に沿って
学習方針を変えてみるといいです。

 

言語学の研究では、
人間は自然と言語が身につく年齢
というものがあって
それが6歳〜12歳までだと言われています。

 

だから、あなたの子供さんが
まだ6~12歳未満の子供であれば、
まずはどんどん生の英語に触れさせる環境を
作って1げるといいでしょう。

 

幼児や児童向けの
英会話スクールに通わせたり
海外旅行にたくさん行く
というのもアリだと思います。

 

逆に、
12歳を超えてしまっている
子供を持っている場合、
完全に臨界期を超えてしまっています。

参考

臨界期についてはこちらの記事を参考に

『臨界期』という名の迷信で諦めかけている人が多い

 

なので、

『とにかくたくさんの
英語に触れさせる』

といった戦法は合理的に考えて
ナンセンスです。

 

そこで僕は独学勉強法を
推奨していますが、
詳しくは僕のメルマガ
参考にしてみてください。

 

さて、、、

 

今日僕が話したいのは
子供の英語教育というよりかは

『家事をしながら
自分が英語を習得したい』

という主婦の方です。

 

子供はまだまだ若いので
子供の頃から
英語学習をしているだけでも
めちゃくちゃ幸運な方ですし、

たとえ失敗しても
いくらでも時間があるので
挽回可能です。

 

しかし、

子供に教育をしたり家事をしたりと
普段から忙しい主婦さんたちが
いきなり英語学習するのは
結構なハードルだと思います。

 

なので今回は、

普段子育てに忙しい主婦さんが
効率よく英語を
習得するための勉強法について
詳しく解説していこうと思います。

 

タカツ
働きながら手軽に勉強ができる勉強法を厳選してみました。

 

やっぱり主婦こそ英語を身につけやすい根本的理由

とはいっても、
やはり主婦は他のサラリーマンと比べれば
英語学習をしやすい
環境だと思います。

 

というのも基本は
家で仕事をしているからです。

 

もちろん買い物などで
出かけることもありますが、

サラリーマンのように

「仕事中英語の勉強をするのは禁止」

というような
社内ルールーが一切ないというのが
主婦特有のメリットだと思います。

 

英語というのは

・隙間時間でも勉強できる
・隙間時間がなかったとしても
 仕事中に勉強できる

といった特徴があるので

子育てや家事中、
買い物などの移動時間中
などを活用すれば

かなり有効な時間になるでしょう。

 

主婦だからこそ独学で英語を勉強すべき理由

ただ、英会話スクールに行くとなると、
決まった時間に
スクールに通わな行けなくなったりなど、
時間が固定されてしまいます。

 

そして、英会話は
英語が得意でなければないほど
無意味です。

 

なぜかというと、
英語と日本語の性質が全く違うため、
言葉のキャッチボール程度の練習では
英語力が上達しないからです。

 

そもそも相手の言っていることが
分からない状況になるので
相手が放った言葉のボールを
受け取ることすらできないでしょう。

 

なぜなら英語の音が
聞き取れないからです。

 

詳しい話は以下の記事を
参考にして頂けたらと思います。

 

 

ではどうしたらいいか?

ということなのですが、
そこで僕は
『独学』
をお勧めします。

 

独学であれば時間を固定せずに
好きな時間に英語を
勉強することができますし、
何よりも独学の方が効率が良いです。

 

詳しくはこちらも
別記事で説明しているので

『なぜ独学が良いのか?』

を知りたい方はこちらの記事を
参考にしてみてください。

 

 

主婦にやってほしい独学勉強法

それでは
僕が主婦層にオススメする
独学勉強法について
紹介したいと思います。

 

もちろんこれらはほんの一部ですが、
少しでも参考になればと思います。

 

発音矯正アプリを使う

 

1つ目は発音矯正アプリですね。

 

発音矯正アプリとは、
人工知能であなたの発音を
修正してくれる
アプリのことを
言います。

 

これを使うことで
あなたの発音がどれだけ正確かを
客観的に知ることができ、

「どの発音記号が弱いのか?」

という弱点を
把握することができます。

 

近くにネイティブの
アメリカ人がいなくても
自分の発音の『正誤』を
知ることができる優れものです。

 

この発音矯正アプリは
種類が非常に限られていて、
中でも僕は『ELSA SPEAK』
というアプリをお勧めします。

 

ELSA SPEAKは
非常に発音矯正の素材として優れていて、
Google社のAI専門家の方が
開発に携わったりしています。

 

僕も発音を矯正する時は
ELSA SPEAKを
使い回してきました。

 

タカツ
ELSA SPEAKは年間5000円ほどするけどごく稀にキャンペーンで半額になることがあるからそこのタイミングを狙えるとおいしいね!

 

発音の応用力をつけたい方には
かなり適しているアプリですので
発音を改善したい方は
活用してみてください。

 

TEDICTやYoutubeでリスニング力を伸ばす

 

次に、
リスニングを伸ばすための
勉強法です。

 

発音を矯正するだけでも
ある程度のリスニング力は
つくのですが、

長い文章になればなるほど
聞き取れなくなったり
してしまいます。

 

そこで、おすすめの勉強法が
『多聴』
です。

 

多聴をすることで
長い文章に対しての免疫力が
つくようになりますので、
ある程度発音が理解できるようになった人は
多聴学習をしてみてください。

 

今ではYoutubeなどで
無料で海外の動画を
(しかも字幕付きで)

視聴できたりします。

 

ただし、
Youtubeの字幕は
結構雑だったりするので、

本格的に字幕視聴をしたい方は
TEDICTのような
有料アプリを活用してみましょう。

 

 

比較的簡単な英文をどんどん読んで徐々に難易度を上げて行く

 

そして、次の勉強法なのですが、
比較的簡単な英文を
どんどん読んでいくということを
していきます。

 

なぜ簡単な英文から
読んでいかなければいけないのかというと、
英語を英語のまま理解するためです。

 

正直、英語を日本語に翻訳して
理解する作業は
リーディングとは言いません。

 

それは、
本当の意味での英語力ではなくて
翻訳力になってしまいます。

 

どれだけ難解な英文が読める人でも
翻訳的な読み方をしているのであれば、
それは英語学習ではないので
意味がありません。

 

なので、日本語に翻訳しなくとも
理解できるレベルの
比較的簡単な英文を

最初に読んでいきます。

 

そうやって、
英語だけで理解する訓練を
どんどんつけて行くのです。

 

もし分からない単語や
表現などがあれば
英英辞典などで
調べるようにしましょう。

 

英会話専用のアプリを活用する

 

最後に英会話についての
勉強法を解説しますが、
これも独学でやるなら
人工知能アプリでなんとかできます。

 

僕が知っているもので言えば、
例えば『AI英会話SpeakBuddy 』
というアプリです。

 

普通の英会話スクールと比べて
金額も低めですし
英会話の学習時間を
自分で調整できます。

 

アプリの評価も
かなりの高評価ですので

興味がある方は
ぜひ活用してみてください。

 

関連

Speak Buddy

 

まとめ:主婦は独学で英語を学べる最強の職業

こんな感じで
独学でも色々と勉強できることが
分かったと思います。

 

特に主婦は子育てなどで
忙しいと思いますので、
家事や子育てで激務な方は
一度参考にしてみてはどうでしょうか?

 

そして僕は何度も解説していますが、
英語は『独学』を推奨しています。

 

なぜならいきなり外国人と
コミュニケーションをとる練習は
初心者には難しいからです。

 

日本語と英語は
言語の性質がかけ離れすぎているので
いきなりネイティブの英語を聞いても
言語が聞き取れなかったりします。

 

なので、初心者ほど
独学を意識して勉強するように
してみてください。

 

主婦と独学の相性は
かなり良いと思いますので
少しでもこの記事が参考になれば
幸いです。

 

それでは最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)