不定詞の名詞的用法の導入、for〇〇to…構文の訳し方

Pocket

受験生や大学生に向けて日々英語の発信をしているタカツです!

今回は前回と同じく不定詞の解説!

不定詞には名詞的用法形容詞的用法副詞的用法の3種類の用法があるのですが、

今回は名詞的用法について解説していきます!

※不定詞の形容詞的用法や副詞的用法に関しては以下の記事を参考に

ですが、

「不定詞の名詞的用法ってそもそも何?」

って思う人もいると思います。

簡単に言えばこんな感じ

タカツくん
to不定詞が名詞要素「〜すること」という意味を含んでいて、主語目的語補語を作ることができる用法のことだよ!

それでは具体的にどんなのか見ていきましょー!



不定詞の名詞的用法の文の導入の仕方

不定詞の名詞的用法の導入は主語、目的語、補語の3パターンに分かれます。

構文を取りながら解説してみるとこんな感じです。

to不定詞(主語)の導入

まずは主語の導入の仕方についての解説です。

To climb steep mountains requires slow pace at fast.
(険しい山を登るには、最初はゆっくりしたペースが必要だ)

この文の構文を1つ1つ分析してみると、

To climb steep mountains(主語)  
requires(動詞)
slow pace(目的語)

となり、

“To climb steep mountains(険しい山を登ること)”の不定詞の部分が主語として使われています。

to不定詞(目的語)の導入

次に、目的語の導入の仕方について説明していきます。

I like to play soccer.
(私はサッカーをすることが好きです。)

こちらの文では、

 I        like     to play soccer.

S(主語)   V(動詞)   O(目的語)

というように、

“to play soccer(サッカーをすること)”の不定詞の部分が目的語として使われています。

to不定詞(補語)の導入

最後に、補語の導入の仕方についての説明です。

My hobby is to read novels.
(私の趣味は小説を読むことです。)

こちらも同様に構文をとってやると、

My hobby    is      to read novels.

S(主語)  V(動詞)   C(補語)

となって、

“to read novels(小説を読むこと)”の部分が補語になっていることがわかるはずです。

このように、不定詞の名詞的用法はto以下の文の塊が主語になったり目的語になったり補語になったりと、名詞的な役割を果たすんですね。

つまり、SVOCを見分けるためにはかなり重要な構文だと言えます。

関連記事

SVOCに関する解説は以下の記事を参照に!

SVOC構文の訳し方と問題を解く最大の見分け方のポイントはこれだ!




名詞的用法の重要表現

不定詞の名詞的用法には、実は少し読みづらい特殊な重要表現があります。

知っているのと知っていないのとでは読解のスピードが格段に変わってくる部分ですので確実に攻略して行きましょう!

タカツくん
少し特殊といっても長文では頻繁に出てくるからすごく重要!

for〇〇to…構文で陥る罠

“for〇〇to…”構文の訳し方についての説明ですが、

この構文の読み方は読解などで非常に重要になってきます。

中学英語では、”for〇〇”を「〇〇にとって」というようように訳せと先生に言われたかもしれません。(僕はそう教わりました…)

しかし高校以上のレベルになると、

この訳し方がかえってあなたの英語力を停滞させてしまう危険性があるので直ちに修正しておくべきです。

for〇〇to…構文の正しい訳し方

それでは、”for〇〇to…”構文の正しい訳し方について説明していきます。

結論から言うと、“for〇〇to…”構文は

「〇〇が…すること」

という訳になります。

この時に大事になってくるのが

〇〇と…の間には「主語→述語の関係」が存在する

というものです。

例えば下の文章を見てみると、、、

He waited for the train to arrive at the station.
(彼は列車駅に到着するのを待った)

というように、

主語→述語の関係が存在していることがわかります。

詳しく書くと、、

for the train      to arrive at the station.

(主語)   →    (述語)

「列車が」     「駅に到着すること」

となり、

“the train”が主語で”arrive at the station”が述語になっていますよね。

これを「列車にとって駅に到着すること」というように訳してみれば何を言っているか意味不明です。

〇〇と…の間の『主語→述語の関係』を見抜けなければ訳が非常に曖昧になって、頭の中が意味不明状態になってしまいます。

なのでfor〇〇to…の構文が来た時は、

「〇〇が…すること」

と訳すように心がけおいてください。

初めからこのように訳すものだと決めておけば長文で混乱することもなくなってきます。

また、for〇〇to…と似た構文の1つにof〇〇to…というのがあります。

この2つの違いに関しては次の記事にまとめていますのでそちらを参考にしてみてください。

まとめ

今回は、不定詞の名詞的用法の基礎的な内容と、絶対に知っておかなければいけない重要表現『”for〇〇to…”構文』について解説致しました。

文の訳し方や構文の性質をわかっていないと文章を読むときに非常に苦労する大事なパートですので、しっかりとノートにまとめておくといいですよ。

今回お話したテーマは『不定詞』というわけで、そのテーマに関連している重要記事を載せておきますのでよければ参考にしてみてください↓

それでは今回の話は以上です!

関連記事:英語力アップにつながるアイテム・教材はこちら!

・おすすめ英会話教材

発音改善を重視したプライムイングリッシュ

・語学アイテム

周囲の雑音を消去してくれるノイキャン付きイヤホン、ヘッドホン

電子書籍「右脳式学習法」を無料配布中

僕は大学2年の秋頃から本気で英語を勉強し、
1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

もともとは勉強が嫌いで、
高3の頃から本格的に受験勉強するも
1つの大学にも合格できなかった
ダメ人間でした。

家は貧乏で、
塾や予備校に行くお金すらありませんでしたし
友達も少なかったので
人脈もほとんどいません。

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

あっさりと英語力を
伸ばすことができました。

その英語を学ぶ過程で、

・英文を返り読みせずにスラスラ読む訓練法
・戦略を立てる方法
・1音1音確実に英語音声を聞き取る方法

など、

学校では学べないことを
知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

そして、そういう人が少しでも増えれば、

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「右脳式英語学習法」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『脳科学』×『英語』戦略
右脳式英語学習法






「科学的に英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者がTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中