不定詞の名詞的用法の導入、for〇〇to…構文の訳し方

Pocket

スポンサードリンク

 

不定詞には名詞的用法・形容詞的用法・副詞的用法の3種類の用法があります。

 

今日はその中の1つである名詞的用法について説明していこうと思うのですが、

 

「そもそも不定詞の名詞的用法とは一体なんなのか?」と疑問に感じる方もいるのではないでしょうか?

 

そこでまずは、基本的な不定詞(名詞的用法)の使い方について軽くおさらいしてから、実践編の話までしていこうと思います。

 

不定詞の名詞的用法とは??

 

 

不定詞の名詞的用法とは、簡単にいうとto不定詞が名詞要素「〜すること」を含んでいて、

 

主語目的語補語を作ることができる用法のことを言います。

 

そこで最初にto不定詞が主語・目的語・補語として扱われている例を1つずつ確認してみましょう。

 

不定詞の名詞的用法の文の導入の仕方

 

不定詞の名詞的用法の導入の仕方を主語、目的語、補語の3パターンに分け、構文を取りながら解説しました。

 

to不定詞(主語)の導入

 

まずは主語の導入の仕方についての解説です。

 

To climb steep mountains requires slow pace at fast.

(険しい山を登るには、最初はゆっくりしたペースが必要だ)

 

この文の構文を1つ1つ分析してみると、

 

To climb steep mountains(主語)  requires(動詞)slow pace(目的語)・・・

 

となり、“To climb steep mountains(険しい山を登ること) “の不定詞の部分が主語として使われていることがわかります。

 

to不定詞(目的語)の導入

 

次に、目的語の導入の仕方について説明していきます。

 

I like to play soccer.
(私はサッカーをすることが好きです。)

 

こちらの文では、

 

 I        like     to play soccer.

S(主語)   V(動詞)   O(目的語)

 

というように、 “to play soccer(サッカーをすること)”の不定詞の部分が目的語として使われています。

 

to不定詞(補語)の導入

スポンサードリンク

 

最後に、補語の導入の仕方についての説明です。

 

My hobby is to read novels.

私の趣味は小説を読むことです。

 

こちらも同様に構文をとってやると、

My hobby    is      to read novels.

S(主語)  V(動詞)   C(補語)

 

 

となって、“to read novels(小説を読むこと)”の部分が補語になっていることがわかるはずです。

 

このように、不定詞の名詞的用法はto以下の文の塊が主語になったり目的語になったり補語になったりと、名詞的な役割を果たすので、

 

SVOCを見分けるためにはかなり重要な構文だと言えます。

 

名詞的用法の重要表現

 

次から、不定詞の名詞的用法の少し発展的な内容について喋っていこうと思います。

 

不定詞の名詞的用法は、少し読みづらい特殊な重要表現があって、知っているのと知っていないのとでは読解のスピードが格段に変わってくる部分です。

 

確実に攻略していってください。

 

for〇〇to…構文の訳し方

 

“for〇〇to…”構文の訳し方についての説明ですが、この構文の読み方は読解などで非常に重要になってきます。

 

中学校の英語では、”for〇〇”を「〇〇にとって」というようように訳せと先生に教わったかもしれません。

 

しかし高校以上のレベルになると、この訳し方がかえってあなたの英語力を停滞させてしまう危険性があるので直ちに修正しておくべきです。

 

それでは、”for〇〇to…”構文の正しい訳し方について説明していきましょう。

 

まず、”for〇〇to…”構文は「〇〇が…すること」という訳し方に今すぐ変更してください

 

ここで大事なのは『〇〇と…の間には「主語→述語の関係」が存在する』ということで、例えば下の文章を見てみると、、、

 

He waited for the train to arrive at the station.

(彼は列車が駅に到着するのを待った)

 

というように、主語→述語の関係が存在していることがわかります。

 

詳しく書くと、、

 

for the train      to arrive at the station.

(主語)   →    (述語)

「列車が」     「駅に到着すること」

 

となり、“the train”が主語“arrive at the station”が述語になっていますよね。

 

これを「列車にとって駅に到着すること」というように訳してみれば何を言っているか意味不明です。

 

〇〇と…の間の『主語→述語の関係』を見抜けないと訳が非常に曖昧になって、頭の中が意味不明な状態に陥いることになるので要注意です。

 

まとめ

 

今回は、不定詞の名詞的用法の基礎的な内容と、絶対に知っておかなければいけない重要表現『”for〇〇to…”構文』について解説致しました。

 

文の訳し方や構文の性質をわかっていないと文章を読むときに非常に苦労する大事なパートですので、しっかりとノートにまとめておいてくださいね。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

英会話・資格・留学の情報発信サイト「英語の読みものブログ("E"BLOG)」のヒデです。 英語はあなたの考えや情報を世界に向けて発信できるすごいスキルなのですが、実際に英語を話せる日本人は少ないのが実情です。 英語を話せる日本人が1人でも多く増えればいいなという気持ちで英語に関する有益な情報をあなたの元へ配信していけたらと思っています。 質問も随時受け付けています。